【あさイチ】夏こそビネガー!洗濯や掃除にも大活躍★グラスをピカピカに

7月19日放送のNHK『あさイチ』では、夏こそ摂りたいビネガー特集をしていました。

番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

関連記事★
【あさイチ】夏こそビネガー!お酢の健康効果&美味しく飲むコツ
【あさイチ】賢く冷やして暑さ撃退!崩れないメイク・魔法のゼリーレシピなど

スポンサーリンク


■くもったグラスをきれいにする方法

水あかで汚れてしまったワイングラスや麦茶を作るガラスポットなど、
お酢を使ってあっという間にピカピカにできる方法を、
老舗ホテルのシェフソムリエ・谷宣英さんが教えてくれました。

【材料】
酢→90g
塩→10g

【使い方】
①酢と塩を混ぜる

②キッチンペーパーに①を染み込ませ、グラスを軽くこすっていく

 
③水切れをよくするために、40℃のぬるま湯ですすぐ

④乾拭きすれば、ピカピカに!

グラスのくもりは水に含まれるカルシウムやマグネシウムによってできた水アカが原因。

酢と塩の酸性によって、これらがしっかり落ちるため、キレイになるそうです。

目次にもどる
 
 

■水回りのがんこ汚れに

洗面台やキッチンの水道の縁についたがんこな黒ずみに、酢を使ってキレイに落とす方法です。

【酢水の材料】
酢と水(1:1の割合)
 
 
スポンサーリンク



  
 
【使い方】
①酢と水を1:1で混ぜて、スプレーボトルなどに入れます

②ティッシュペーパーを汚れた部分にかぶせ、上から①の酢水を噴きかけます

③汚れが浮いてきたらブラシなどでこすって落とします

これでも落ちない場合は、陶器を傷つけず汚れを落とせる1500番のスポンジを使いましょう。

目次にもどる

関連記事★
【あさイチ】夏こそビネガー!干しブドウ酢の作り方&ヤミーさんのお酢レシピ

■洗濯物の色落ち防止に

洗濯王子の中村祐一さんが教えてくれた洗濯物の色落ち防止方法です。

中性洗剤に酢を加えたもので洗うと、色物の色落ち防止効果があるそうです。

基本的に洗濯の場合、アルカリ性に傾いているほうが汚れや色が落ちやすいもの。

そこにお酢のように酸性のものを使うと色を止める働きが出てきます。

今の時期なら、浴衣などを洗うときにお酢を使うのがオススメとのことでした。

実際にクリーニング屋さんもお酢を使って色を止めたりする技を使っているそうです。

色止めは最初に1回やっておくと、その後色落ちしにくくなるので、毎回やる必要はありません。

目次にもどる
 
 

■洗濯槽の汚れ落としに

洗濯槽の掃除にもお酢が大活躍!

水10リットルに重曹50g前後ほど加え、酢は分量をみながら少しずつ加えていきます。

アルカリ性の重曹に酸性の酢を入れることでシュワシュワと発泡します。

洗濯槽の外側に汚れが付いているのを泡で汚れをはじき出します。

汚れを浮かせた状態で洗濯機を回すと洗濯槽の汚れも落ちやすくなるそうです。

目次にもどる