【世界一受けたい授業】スーパーダイエットそばパスタの作り方!海外も注目の和食パワー!美肌・老化予防・ダイエット!

2017年11月18日放送の日本テレビ系『世界一受けたい授業』では
海外で大注目されている和食の美容・健康パワーを特集!

海外で日本食レストランが増えたり、外国人観光客が日本食を目当てに日本を訪れたりと
近年、海外では和食が大人気となっています。

例えば白滝をパスタ代わりに摂ることでヘルシーかつ満腹感を得られると話題に。
そんな日本食の魅力を元・ミスユニバースジャパンの公式栄養コンサルタントである
エリカ・アンギャル先生が解説してくれました。

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




■美肌効果

美肌に効く和食としてエリカ先生が最もオススメするのが”豆腐”

海外ではこの豆腐がスーパーフードとして人気を呼び、
特にスムージーとして飲むのがメジャーとなっています。

他にもムースやチーズケーキなどのスイーツに加えて食べることも多いそうです。

目次にもどる

■老化予防効果

最近よく聞く「体の糖化」。
糖とたんぱく質が体の中で結合し、老化の原因であるAGEが
生み出されることで、体にサビが起き、老化を招くと言われています。

しかし、このAGEは調理法によって量が変わるとのこと。
和食は基本的に煮る・茹でる・蒸すといった
モイストヒートと呼ばれる水を使う調理法を使います。

海外では逆に焼く・揚げると言ったドライヒート調理が多く、
AGEはこういった高温調理によって増えてしまうのだそうです。

モイストヒートはドライヒートよりも調理温度が低いので、
和食はAGEが少なく老化予防に効果的と言えるとのこと。

目次にもどる

■長寿効果

近年長寿ホルモンとして注目されているのが「アディポネクチン」

このアディポネクチンは動脈硬化やメタボリックシンドローム、
糖尿病などを予防する効果など、長寿に欠かせない働きをしてくれるのです。

アディポネクチンを増やす食品は、

・雑穀
・大豆食品(枝豆・味噌・納豆など)
・緑茶
・海藻類

など、日本人が昔から食べている伝統的な食材に多いとのこと。

特にサンマやイワシ、サバといった青魚に含まれるEPAは
アディポネクチンを増やすと考えられています。

また、緑茶にはアディポネクチンだけでなく、がん予防にも効果的とのこと。
緑茶を毎日1杯以上飲み、さらにみかんと合わせて摂ることで、
がんの発症リスクが17%も低いということが研究の結果分かったそうです。

目次にもどる

スポンサーリンク




■ダイエット効果

あのマドンナもダイエット効果があると食べている日本食は”そば”

そばは食物繊維が豊富で血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるので
太りにくく、ダイエットをサポートしてくれる食材なのです。

さらに美肌に欠かせないビタミンB2やたんぱく質も豊富で、
海外では生野菜と和えたそばサラダや、パスタの代わりに使ったりと
日本とはちょっと違った使い方が人気のようです。

ここで、エリカ先生のおすすめメニュー、
スーパーダイエットそばバスタの作り方を紹介します。

【材料】
そば
オリーブオイル
にんにく
玉ねぎ
ブロッコリー
ツナ缶
プチトマト

【作り方】
①玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。
パプリカは食べやすく切る。

②フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくと玉ねぎを炒める。
しんなりしたらブロッコリー、パプリカ、ツナ缶も入れて炒める。

③茹でたそばを2に加え、塩で味を調えれば完成。

目次にもどる

■まとめ

和食の魅力が海外に伝わっているというのが日本人として嬉しいですね。
そばパスタもヘルシーで美味しそうだったので、作ってみたいです。

目次にもどる

■世界一受けたい授業の人気記事

【世界一受けたい授業】5秒筋トレのやり方!二の腕・ふくらはぎ・太もも・お尻・お腹の鍛え方!松井薫直伝!
2017年11月11日放送の日本テレビ系『世界一受けたい授業』では、 以前放送されて大好評の5秒腹筋を考案した松井薫先生が登場し、...
【世界一受けたい授業】15分で完成!里芋のとも和えの作り方!主婦の友・料理研究家堀江泰子さんのレシピ!
2017年11月11日放送の日本テレビ系『世界一受けたい授業』では、 送還50年の雑誌「主婦の友」で活躍された 料理研究家の堀江...
【世界一受けたい授業】尿トラブルに効果的!カボチャのタネの食べ方!頻尿などの改善に5秒体操!
2017年10月21日放送の日本テレビ系『世界一受けたい授業』では、 高齢者だけの悩みじゃない様々な「尿トラブル」に効果的なかぼち...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。