【世界一受けたい授業】ざんねんないきものトップ10!累計120万部突破!サバンナモンキー・コアリクイなど

2017年11月4日放送の日本テレビ系『世界一受けたい授業』では、
累計120万部突破の児童書「ざんねんないきもの辞典」の著者、丸山貴史先生が登場!

反響の大きかった「ざんねんないきものトップ10」を教えてくれました。

スポンサーリンク




■第9位★コイシガエル

標高3000メートルのギアナ高地に
生息するコイシガエルの特技は山登り。

そんなコイシガエルは天敵であるタランチュラを前にすると
山登りの最中に小石のように転がり落ちてしまいます。

数十メートル転がり続け、池にぽちゃんと落ちてしまうのだそうです。
しかし、体重が軽いので落ちた衝撃は弱く、
ほぼ無傷で生還するとのことでした。

目次にもどる

■第8位★アードウルフ

アフリカのサバンナに生息する獰猛なハイエナの仲間であるアードウルフ。

ハイエナといえば、肉を激しく食いちぎるイメージですが、
このアードウルフは歯がほとんどありません。
そのため、固い肉を食いちぎることが出来ないのです。

彼らが主に食べるのは白アリで、かむ必要がないので
歯が退化してしまったのだそうです。

目次にもどる

■第7位★ドウケツエビ

ドウケツエビはカイロウドウケツという生き物の中で一生を過ごします。
小さいころに外敵から逃れるため、カイロウドウケツの中に入り込み、
そのまま成長するので、気づくと出られなくなってしまうのです。

オスとメスの2匹で入り込むため、その中で子供を生んで
育てるのだそうです。

目次にもどる

■第6位★オウサマペンギン

最大で10万羽を超える大きな群れが特徴のオウサマペンギン。

このオウサマペンギンはヒナの頃に沢山エサを与えられ、
生後4か月ほどで親より大きく成長します。

冬になると魚を捕るのが難しくなるため、絶食することになり、
冬を越すまでに半数は死んでしまうのだそうです。

つまりヒナが大きいのは肥満ではなく、
沢山食べて冬を乗り切るための手段とのこと。

目次にもどる

■第5位★ダイオウサソリ

アフリカのジャングルに住むダイオウサソリは
サソリの中で一番大きくなりますが、毒は意外に弱く、ミツバチ程度です。

こんなダイオウサソリの特徴は暗闇でしっかり光ること。

ですが、この光には意味がなく、逆に光ることで
敵に見つかりやすくなってしまうというリスクも。

昔先祖が昼間に活動していた際に有害な紫外線を
反射する機能がいまだに残っているという説があるそうです。

目次にもどる

■第4位★ゲラヒヒ

エチオピアの高原に住む心優しいヒヒですが、
残念ポイントは起こったときの顔。

上唇がめくりあがり、歯茎が丸出しになります。

威嚇のポーズで、効果は抜群なのですが、
何分不細工な表情になってしまうのがザンネンです。

目次にもどる

■第3位★コアリクイ

パンダのような白黒の姿が愛らしいコアリクイですが、
威嚇しているのに全く怖くないのがザンネンポイント。

可愛い姿に、あまり敵も怖がらないそうです。

目次にもどる

■第2位★キリン

首が長いキリンですが、実は舌も長く50センチほどあり、
この舌で鼻をほじります。

キリンは鼻でしか呼吸が出来ないので、鼻が詰まると死に至る危険があります。
そのため、長い舌で鼻くそをキレイになめとっているそうです。

目次にもどる

■第1位★サバンナモンキー

アフリカの草原に住むサバンナモンキーは葉っぱや木の実を食べています。

このサバンナモンキーの金玉袋がなんと鮮やかなスカイブルー。
理由はずばり、メスの気を引くためで、
青ければ青いほどオスとしての価値が高まるそうです。

目次にもどる

■関連記事

【得する人損する人】帳消しダイエットのやり方!6大メニューの帳消し食材!3週間でラクやせ技!
2017年11月2日放送の日本テレビ系『得する人損する人』 たった3週間のラクやせで、ご飯もお肉も我慢しないダイエット法を特集! ...
【得する人損する人】高橋克典直伝!1日30秒のラクやせ体操のやり方!3週間でラクやせ技!
2017年11月2日放送の日本テレビ系『得する人損する人』 たった3週間のラクやせで、ご飯もお肉も我慢しないダイエット法を特集! ...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。