【主治医が見つかる診療所】やせ菌を増やす!らっきょうレシピ!らっきょうカツやチーズ巻き!水溶性食物繊維!

2017年11月2日のテレビ東京『主治医が見つかる診療所』では
やせ菌を増やして健康にSPを放送!

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




■やせ菌とは

私たちの腸内には1千兆個以上の細菌が住んでいますが、
最近の研究により、脂肪の吸収を邪魔してくれる細菌が
潜んでいることが分かってきたそうです。

これが、いわゆる「やせ菌」と言われるもの。

やせ菌が出す短鎖脂肪酸がポイントで、
通常、脂肪は脂質細胞に取り込まれて大きくなるのですが
短鎖脂肪酸は脂質細胞の取り込み口をブロックしてくれるので
脂質が吸収されにくくなるそうです。

さらには、すでに溜まっている脂肪の燃焼も助けてくれるので
効率的に痩せることができます。

やせの大食いと言われる人には、
この「やせ菌」を持っている人が多いようです。

目次にもどる

■やせ菌を増やすには

やせ菌は誰の体にもあるもの。
これを増やすことで自然と痩せやすい体を作ることができるのです。

そんなやせ菌を増やすには、やせ菌が好むエサである食物繊維が必要。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類あります。

◎不溶性食物繊維
水に溶けにくく、便の量を増やして老廃物や毒素を
吸着して体の外に排出する効果があります。
主にキャベツなどの野菜に含まれます。

◎水溶性食物繊維
水に溶けやすく海藻類に多く含まれます。
やせ菌などのエサとなり、腸内環境を改善します。

水溶性と不溶性が2:3割合で摂取できるのが理想なのですが
現代人は水溶性食物繊維が足りていないのだそうです。

水溶性食物繊維が多く含まれる食材は以下のようなもの。

・切り干し大根
・納豆
・かんぴょう
・ゴボウ
・ニンニク
・押し麦
・らっきょう

これらの食材を上手に摂り入れることで
水溶性食物繊維を増やすことが出来ます。

特にらっきょうがオススメ!
他の食材と比較してもらっきょうに含まれる
水溶性食物繊維の量は圧倒的に多いので、
このらっきょうを日常的に上手に摂り入れることで
やせ菌を増やすことにつながります。

目次にもどる

スポンサーリンク




■オススメらっきょうレシピ

番組で紹介されたおすすめの食べ方はこちら!

◎らっきょうの甘酢漬け
①水に砂糖、酢、唐辛子を適量加える
②そこにらっきょうを入れる
③約1か月で完成

◎らっきょうカツ
①豚バラ肉に豆板醤を薄く広げる
②らっきょうを1粒のせて巻く
③小麦粉、タマゴ、パン粉をつけて、約5分揚げる

◎らっきょうのチーズ巻き
①ハムの上に溶けるチーズを重ね、らっきょうを1粒のせて巻く
②つまようじを刺して固定
③180℃のオーブンで約3分加熱

◎焼きらっきょう
①早摘みらっきょう(エシャレット)をお好みで焼く
②酒、みりん、醤油、砂糖、酢で作ったタレで頂く

◎らっきょうドレッシング
①らっきょうを漬け汁ごとミキサーに入れる
②オリーブオイル、塩、コショウを加える
③約10秒ミキサーにかける

◎らっきょうそぼろ丼
①らっきょう、シイタケをみじん切りにする
②牛挽き肉を炒める
③らっきょう、シイタケを加えて炒める
④味噌と合わせた豆板醤を加える
⑤ご飯の上にのせてネギをかける

目次にもどる

■まとめ

らっきょうはカレーのおともぐらいしか食べたことがありませんでしたが、
色々なアレンジが出来ることが分かって良かったです。

早速試してみたいと思います!

目次にもどる

■関連記事

【得する人損する人】高橋克典直伝!1日30秒のラクやせ体操のやり方!3週間でラクやせ技!
2017年11月2日放送の日本テレビ系『得する人損する人』 たった3週間のラクやせで、ご飯もお肉も我慢しないダイエット法を特集! ...
【得する人損する人】帳消しダイエットのやり方!6大メニューの帳消し食材!3週間でラクやせ技!
2017年11月2日放送の日本テレビ系『得する人損する人』 たった3週間のラクやせで、ご飯もお肉も我慢しないダイエット法を特集! ...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。