【あさイチ】賢く冷やして暑さ撃退!崩れないメイク・魔法のゼリーレシピなど

7月18日放送のNHK『あさイチ』スゴ技Qのコーナーでは、賢く冷やして暑さ撃退!特集をしていました。

番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

関連記事★
【あさイチ】夏こそチーズ!飲み物との相性&おすすめレシピ!

スポンサーリンク


■崩れない冷やしメークの作り方

夏のメーク崩れを上手に防ぐ方法をヘアメークアップアーティストの長井かおりさんが教えてくれました。

夏は汗を大量にかく上、皮脂の量が冬の1.5倍もあり、この過剰な皮脂がファンデーションの油分と混ざり合うことで崩れやすくなるのだそうです。

長井さんいわく、朝のベースメイクが肝心!いかにリキッドファンデーションをぴたっと肌に密着させるかがポイントになるとのこと。

<夏必勝アイテム!ぬらし冷やしスポンジの作り方>

↓使用するのはこういったドラッグストアなどで売っている30個入り300円程度の徳用スポンジです。

①清潔な保存容器に水を入れ、スポンジをしっかりと浸して冷蔵庫で冷やします
 ※数日分まとめて冷やせます

②使用するときはしっかり絞ってから使います。

<ぬらし冷やしスポンジでひんやりメイク>
①化粧下地を塗ったら、おでこ・頬にリキッドファンデーションを乗せる

②しっかり絞ったぬらし冷やしスポンジで薄く伸ばしていく

③シミやクマなど、気になる部分は重ね付して上から叩くようにタップする

④おしろい(パウダー)を重ねる
 Tゾーンはパフでしっかり、その他の部分はブラシでふんわりと乗せる

⑤ミスト化粧水を頭上に吹きかけ、顔を動かして霧が当たるようにする

⑥手のひらでしっかり密着させれば完成!

冷やしたスポンジを使うことにより、皮膚温が一時的に下がり、汗を抑えられてしっかり密着させられます。

目次にもどる

■夏の寝苦しさ解消法

医学博士の五味常明先生によると、暑い夏の夜こそ入浴することが大切なんだそうです。

人は体の深部体温が下がる時に眠気を感じます。ですが、熱帯夜などはなかなか体温が下がらず、寝つきが悪くなってしまうとのこと。

<入浴法>
寝る30分ほど前に40℃以下のぬるま湯に浸かります。
そうすると体の深部体温が上がり、その後深部体温が下がっていくとのこと。

<入浴後のクールダウン>
入浴後は薄着で扇風機にあたると、さらに効果的!汗をしっかり蒸発させることで体温を下げることが出来ます。体のほてりがなくなる程度まで風に当たるのが目安です。

目次にもどる

スポンサーリンク


■3分で飲み物を冷やすワザ!

冷やし忘れた飲み物を素早く冷やす方法です。

水と氷を入れた桶などでペットボトルを素早く回します。
この時、手を使うと冷たいので、輪ゴムを4~5本つなげてペットボトルの下にくぐらせ、
両端を上下させると上手に冷やすことが出来ます。

また、氷と水の割合は1:1が最も早く冷えるとのこと。

少なすぎても氷が溶けてしまい、多すぎても上手に水に浸からないので冷えにくいそうです。

目次にもどる

■簡単!魔法のゼリーの作り方

お菓子研究家の荻田尚子さんが教えてくれた子どもでも作れる簡単冷やしスイーツの作り方です。

【材料】
生クリーム 50ml
砂糖20グラム
ゼラチン5グラム
ぶどうジュース(果汁100%)200ml

【作り方】
①ゼラチンを大さじ2程度の水に入れ、ふやかしておく。

②ジュースと砂糖を鍋に入れ、中火で熱しながら砂糖を混ぜて溶かす。

③鍋のふちがフツフツしてきたら火をとめ、ゼラチンを入れて溶けるまで混ぜる。

④鍋に生クリームを入れ大きく2〜3回混ぜたら、すぐに型に流し入れる。
 このまま常温になるまで冷ましておく。

⑤そのあと冷蔵庫で冷やし固めたら、型から外して完成。
 夏は3時間ほどで固まります。

ムースの層を厚くしたい場合は生クリームを80ml程度に増やし、
その分ジュースを170ml程度に減らすなど、量を調整してください。

目次にもどる

■魔法のゼリー応用編

【材料】
粉ゼラチン10グラム
ブロッコリー50グラム
カリフラワー50グラム
塩少々
オクラ50グラム
トマト50グラム
ハム50グラム
洋風スープの素5グラム
レモン果汁小さじ2
生クリーム70ml

【作り方】
①粉ゼラチンを大さじ4程度の水に入れてふやかす。

②ブロッコリーとカリフラワーは小房に切り分ける。
鍋に塩を少々入れ、ブロッコリー、カリフラワー、オクラを順に固めにゆでて取り出し、冷ます。

③野菜、ハムを1センチ角程度に切り整え、水けを切ってバットに彩りよく敷きつめる。

④鍋に水400ml、洋風スープの素、塩少々を入れ中火で熱し、溶かす。

⑤鍋のふちがフツフツとしてきたら火をとめ、ゼラチンを加え、溶かす。

⑥(5)の液100グラムをボウルに取り分け、氷水にあてながらとろみがつくまで混ぜる。

⑦(3)のバットに(6)を静かに流し入れ、ラップをして冷蔵庫に入れる。
表面が固まったら取り出しておく。

⑧残りの(5)の液にレモン汁を加えて混ぜ、粗熱を取る。

⑨(8)に生クリームを加えて大きく2〜3回混ぜ、(7)のバットに流し入れ、
そのまま冷ます。
冷めたら冷蔵庫に入れ、冷やし固めたら、型から外して完成。

目次にもどる

スポンサーリンク