【きょうの料理】土井善晴のお赤飯&茶わん蒸し!小豆たっぷり赤飯と具だくさん茶わん蒸しの作り方!

2017年11月1日放送のきょうの料理では、
放送開始60年記念として土井善晴先生が登場。

ハレの日に食べたいごちそうのお赤飯と茶わん蒸しの作り方を教えてくれました。

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




■お赤飯の作り方

【材料(5~6人分)】
もち米 3カップ
小豆 1カップ
塩 小さじ3/4

【作り方】
<前日>
①小豆にかぶるくらいの水(約1リットル)を加えて強火にかける。
沸騰したら一度ザルにあける。

②再び鍋に小豆を入れ、1リットルの水を加えて中火にかける。
ひと煮立ちしたら弱火にして15~20分茹でる。
※豆が踊らないよう静かな火加減で、やや硬めに茹でるのがポイント。

③茹で上がったら汁と小豆を分け、小豆は布巾をかけておく。
ゆで汁は氷水を入れたボウルに浮かべ、冷ます。

④もち米は優しく洗って水気を切る。
ゆで汁から3/4カップを分けておき、残りのゆで汁を
もち米に加えて、さらにかぶるくらいの水を注いで冷蔵庫で一晩置く。

※取っておいた3/4カップのゆで汁は蒸すときに使用します。

<当日>
①もち米をザルにあけ、水気を切る。

②蒸し器に蒸し布(麻)を敷いてもち米を広げる。
蒸し布で包んで蒸し器のふたをし、強火で20分ほど蒸す。

③大き目のボウルに前日取っておいたゆで汁(3/4カップ)と
塩(小さじ3/4)を合わせ、良く混ぜて塩を溶かす。
20分蒸したもち米を入れ、汁気を吸わすように混ぜる。

小豆を加えてさっくりと混ぜる。

④再び蒸し器に蒸し布を敷き、3を入れて包む。
強火でさらに20分蒸す。

⑤蒸し終わったら蒸し布を軽く動かして
全体の蒸し加減を確認する。
味見をして塩が足りなければ足す。

目次にもどる

■茶わん蒸しの作り方

【材料(4人分)】
えび(有頭)小4匹
鶏もも肉 100g
干し椎茸(戻したもの) 4枚
ゆり根(大)4枚
ぎんなん 8個
かまぼこ(薄切り)4切れ
三つ葉 4本

<卵液>
卵 2個
二番だし 卵の量の4倍
塩 小さじ3/4

【作り方】
①卵液を作る。
卵をよく溶き、二番だし、塩を入れて混ぜる。

②えびは殻をむき、鶏もも肉は一口大に切る。
干し椎茸は半分に切り、ゆり根は食べやすく切る。
三つ葉は1本ずつ結ぶ。

③具材を茶わん蒸し用のお椀に4等分して入れ、
卵液を注ぐ。

④蒸し器に3を入れ、ふたをして強火で2分蒸す。

⑤ふたをずらして25分蒸す。

目次にもどる

■まとめ

和食の定番ですが、どちらもちゃんと作ろうとすると
大変というイメージがありました。

でもやっぱり手作りは美味しいですよね。
早速作ってみたいと思います。

目次にもどる

■関連記事

【きょうの料理】きのこの吸いトリ混ぜご飯の作り方!平野レミの20分で晩ごはん!キッチン・ド・レミ!
2017年10月30日放送のNHK『きょうの料理』では、 大人気の料理研究家、平野レミさんが作る「20分で晩ご飯」を紹介! 旬の...
8月19日放送のテレビ朝日系『KING STATION』では、 大人気料理研究家の土井善晴先生が野菜たっぷりの夏のスタミナグルメ、 ホッ...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。