【ゲンキの時間】超簡単!むくみ解消法★ウンパニ体操、ふくらはぎパンパン法、他

7月16日放送のTBS系『健康カプセル ゲンキの時間』では、むくみ解消法をを特集していました。

番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


■なんでむくむの?

そもそもむくみとは血液中の水分が細胞間に沁みだし、その水分が静脈やリンパ管に回収されないまま溜まってしまう状態のことを言います。

生理現象のひとつですが、ただのむくみと放っておくと、下肢静脈瘤などの深刻な病気が隠れていることもあるそうです。

■原因①アルコール
アルコールを摂取するとそれだけで毛細血管から水分がしみ出しやすくなり、むくみの原因となります。また、尿を止める抗利尿作用が効かなくなるので、ますます水分が欲しくなり、悪循環に。

水を飲みすぎるとむくむという印象がありますが、実は水分は摂り過ぎても原則体外に排出されるため、むくみの原因にはなりません。

■原因②塩分
塩分を摂り過ぎると血管内の塩分濃度が高くなり、それを薄めようと水を抱え込みます。すると血管内の液量が増量し、膨張してしまうとのこと。

塩分対策としてオススメなのは塩分排出効果の高いカリウムを多く含んだ食材を摂ることです。枝豆や豆腐などの豆類、アボカド、きゅうりや海藻などが◎!

また歩きすぎると足がパンパンになるのは、筋肉の炎症によって足が腫れている状態なので、むくみとは異なります。

目次にもどる

■巷で話題のむくみ解消法を検証!

巷でうわさのむくみ解消法と、それに加え以前番組で紹介していた血流促進効果のある「ふくらはぎパンパン法」のどれが本当に効果があるのかを番組で実証していました。

結果はこちら!

第1位★ふくらはぎパンパン法
両膝を立てた姿勢で座り、ふくらはぎを両手で挟むようにし、手のひらで強めにぱんぱんと叩きます。少し痛いと感じるくらいが効果的。ふくらはぎの裏側もこぶしで叩くようにします。

第2位★青竹踏み
つま先を床につけたまま、かかとを上下させるようにします。

第3位★着圧ソックス
血行促進と段階圧力設計と書かれたものを選ぶと、医療機関で使用されている物と同等の効果が期待できるそうです。

第3位★貧乏ゆすり
かかとではなく、つま先を上下させるように貧乏ゆすりします。

第5位★ドライヤー温風温め
あまり近づけすぎず、心地よい温かさをキープするように行います。

目次にもどる

スポンサーリンク


■顔のむくみ解消!ウンパニ体操

口をウ・ン・パ・ニの形に動かすことによって、顔のむくみを解消できる方法です。

ウ:口をとがらせて目を大きく見開く

ン:顔が中心に集まるイメージで「ンー」と発声。口角を上げるのがポイント!

パ:驚いた顔を作り、顔の筋肉の緊張を解放する

ニ:口角を思いっきり上げて笑顔を作る

リズムよく繰り返し、1セット10~20回、間隔をあけて3セット行うと効果的です。

目次にもどる

■放置は危険!危険なむくみのサイン

むくみだけでなく、他にこんな症状があったら危ないという方程式を紹介していました。

①足のむくみ+お腹のむくみ=肝臓病
肝臓の機能が低下すると、水分を保持するアルブミンが減少してしまい、血管から水分がしみ出してむくみます。肉や魚をあまり食べないとアルブミンが不足してしまうので、バランス良く食べるようにしましょう。

①足のむくみ+咳+動悸・息切れ=心臓病
心臓の働きが悪くなると血液が上手く流れなくなってしまうため、脚のむくみに繋がるそうです。また、肺の中の血流が悪化し、水分がしみ出すことで咳や息苦しさが起きるとのこと。

目次にもどる

スポンサーリンク