【たけしの家庭の医学】奥園流「豆腐とさばのドライカレー」高血圧改善レシピ!血管の老化ストップ2大食材「豆腐&青魚」!

2017年10月24日放送のテレビ朝日『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、
つまずきや便秘の新常識、血管の老化ストップ食材を使った奥園流最強レシピを特集!

ここでは、高血圧改善に役立つ情報や、
料理研究家の奥薗壽子さんが開発した高血圧予防・改善レシピを紹介します。

スポンサーリンク




■高血圧を改善する栄養素「豆腐」

豆腐にはマグネシウムがとても多く含まれています。
マグネシウムをには余分な塩分を排出してくれる働きがあるのです。

例えば木綿豆腐1丁で390mgのマグネシウムが含まれています。

海藻類やナッツ類にもマグネシウムは多く含まれていると言われますが、
木綿豆腐1丁と同量のマグネシウムを取ろうとすると、
ひじきの小鉢なら10杯、焼きのり(大)なら約39枚必要です。

つまり、豆腐は効率よくマグネシウムを摂取できるスーパー食材ということなのです。

目次にもどる

■動脈硬化を改善する「青魚」

悪玉コレステロールが溜まると動脈硬化を引き起こしてしまいますが、
青魚にはコレステロールを減らす効果があると言われています。

今までの常識では、善玉コレステロールの数を増やすことで、
血管にたまった悪玉コレステロールが減ると考えられてきました。

ですが、最近の研究により、善玉を増やさずとも
悪玉を減らせることが分かってきたそうです。

青魚に含まれる栄養素EPAが善玉パワーを上げることで、
血管の壁にたまった悪玉コレステロールを減らすことが出来るとのこと。

目次にもどる

■奥園流!高血圧改善レシピ「木綿豆腐とサバのドライカレー」

【材料(3日分)】
さばの水煮缶 3缶
木綿豆腐 1丁半
しょうが 1かけ
ケチャップ 大さじ3
カレー粉 大さじ1
しょうゆ 適量
片栗粉 大さじ1
ウスターソース 大さじ3

スポンサーリンク




【作り方】
①木綿豆腐をキッチンペーパーをひいたお皿の上で手で崩す。

②フライパンににサバ缶を汁ごとあけ、しょうがを皮ごとすりおろす。
ケチャップ、ウスターソース、カレー粉を入れて強火にかけ、ひと煮立ちさせる。

③一度火を止めて豆腐と片栗粉を入れ、全体に混ぜてとろみを出す。

③再び強火にかけ、しょうゆで味を調えれば完成。

アレンジレシピはこちら↓

【たけしの家庭の医学】奥園流「豆腐とさばのドライカレー」アレンジレシピ!あんかけ焼きそば・ポテトグラタンなど
2017年10月24日放送のテレビ朝日『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、 つまずきや便秘の新常識、血管の老化ストップ食材...

目次にもどる

■関連記事

【たけしの家庭の医学】身長が縮むとつまずきやすくなる!?つまずき・転倒を防ぐ体操!壁テストのやり方!
2017年10月24日放送のテレビ朝日『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、 つまずきや便秘の新常識、血管の老化ストップ食材...
【たけしの家庭の医学】便秘解消の新常識!間違った薬の使い方は危険!名医が教える新常識とは!?
2017年10月24日放送のテレビ朝日『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、 つまずきや便秘の新常識、血管の老化ストップ食材...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。