【たけしの家庭の医学】便秘解消の新常識!間違った薬の使い方は危険!名医が教える新常識とは!?

2017年10月24日放送のテレビ朝日『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、
つまずきや便秘の新常識、血管の老化ストップ食材を使った奥園流最強レシピを特集!

ここでは、便秘解消についての役立つ情報をまとめました。

教えてくれたのは国立病院機構 久里浜医療センターの水上健先生です。

スポンサーリンク




■危険!便秘薬の間違った使い方

がんこな便秘に悩んでいる…そんな人が便秘薬に頼るのはありがちです。

ですが、日常的に使い続けることで、薬の効きが悪くなることがあります。
そうなったときに量を増やしたり、回数を増やしたりすると
さらに便秘を悪化させて重大な疾患に陥ることがあるのです。

番組で紹介された便秘に悩む女性は、便秘薬の服用がどんどん増えてしまい、
日々お通じのことばかり考えてはストレスとなり、
しまいには意識を失って倒れてしまいました。

倒れたことがきっかけで便秘の専門病院を訪れたところ、
溜まった便が腸の形を大きく変えるほどに膨らんでしまっていることが分かりました。

これを弛緩性便秘と呼ぶそうです。
何らかの原因で腸管神経が働かなくなることで
筋肉がゆるみ収縮できなくなり、
便を肛門に運べなくなってしまうのです。

目次にもどる

■名医が教える!便秘の新常識

①週に3回でOK
水上先生いわく、毎日排便がない=便秘ではありません。
週に3回排便できていれば大丈夫なんだそうです。

忙しい平日は出ないけど、ゆっくり週末に出るという方も
それが規則正しく続いていれば問題ないそうです。
 
 
②刺激性の便秘薬は週に2回まで
刺激性の便秘薬は、ガイドラインにもあるように
短期間・屯用で週に2回程度の使用をすすめています。
逆に週2程度の使用であれば問題ないということです。
 
 
③腸に優しい便秘薬がある
刺激性だけでなく、非刺激性の便秘薬もあります。
腸内に水分をためることで便を柔らかくし、排便しやすくしてくれるというもの。
無理やり腸を動かすわけではないので、量さえ気を付ければ
毎日服用しても問題ないそうです。

刺激性、非刺激性については薬剤師さんに相談するとわかるとのこと。

↓このようにパッケージに記載されているものもあるそうです。

目次にもどる

■関連記事

【たけしの家庭の医学】身長が縮むとつまずきやすくなる!?つまずき・転倒を防ぐ体操!壁テストのやり方!
2017年10月24日放送のテレビ朝日『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、 つまずきや便秘の新常識、血管の老化ストップ食材...
【たけしの家庭の医学】奥園流「豆腐とさばのドライカレー」高血圧改善レシピ!血管の老化ストップ2大食材「豆腐&青魚」!
2017年10月24日放送のテレビ朝日『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、 つまずきや便秘の新常識、血管の老化ストップ食材...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。