【たけしの家庭の医学】身長が縮むとつまずきやすくなる!?つまずき・転倒を防ぐ体操!壁テストのやり方!

2017年10月24日放送のテレビ朝日『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、
つまずきや便秘の新常識、血管の老化ストップ食材を使った奥園流最強レシピを特集!

ここでは、つまずきについての役立つ情報をまとめました。

スポンサーリンク




■若いころより身長が縮んでいる人は転倒のリスクが高くなる

これまでつまずきや転倒などの主な原因と
考えられてきたのは下半身の筋肉の衰えです。

ですが、今年6月に新たな原因が判明たとのこと。
つきとめたのは骨のスペシャリスト、埼玉県にある伊奈病院の石橋医師です。

石橋先生いわく、20代の若いころに比べて
身長が縮んでいる人は転倒のリスクが高くなるそうです。
特に2センチ以上低くなっている人は要注意!

身長が低くなると姿勢が悪くなり、知らず知らずのうちに猫背になり、
やがてバランスが悪くなり、転倒のリスクが高くなることが分かってきたそうです。

私たちの体を支える背骨も年を重ねるごとに老朽化します。
背骨や、その間にある椎間板と呼ばれるクッションがもろくなることにより
徐々に縮んでしまうとのこと。

特に気を付ける必要があるのが背中の筋肉の衰えです。
背筋がしっかりしていれば、背中の筋肉は引き上げられ、
正しい姿勢を維持することが出来ます。

ですが、背筋が弱ることで背中が丸くなり、
また丸くなることで背筋がさらに弱まるという
悪循環に陥ってしまうのです。

目次にもどる

■つまずきやすさをチェック!壁テスト

背中の筋肉の衰えをチェックする方法です。

①壁の前に立つ。

②壁にかかとを付け、お尻と背中も付けて
まっすぐ前を見て立つ。

後頭部が壁についていれば問題なし!

後頭部がついていない場合は背中の筋肉が衰え、
前かがみの姿勢になってしまっている可能性があります。

目次にもどる

スポンサーリンク




■背中の筋肉を鍛える①上体そらし体操のやり方

かたくなった背筋のストレッチ体操です。

①楽な恰好で、うつぶせに寝る。

②状態を反らすようにゆっくりとひじを伸ばす。

③5秒間キープする。
(できる人は10秒)

これを3回繰り返します。朝晩2回やると効果的です。

※無理がない範囲で行い、痛みが出た場合はやめてください。

目次にもどる

■背中の筋肉を筋肉を鍛える②背筋体操のやり方

クッション・座布団・枕のいずれかを用意してください。

①クッションなどをおへその下に入れ、うつぶせに寝る。

②両手を腰のあたりで組む。

③その状態のまま反りあがる。
少し胸が浮く程度でもOK。

④5秒間キープする。
(できる人は10秒)

これを5回繰り返します。朝晩2回やると効果的です。

※無理がない範囲で行い、痛みが出た場合はやめてください。

目次にもどる

■関連記事

【たけしの家庭の医学】便秘解消の新常識!間違った薬の使い方は危険!名医が教える新常識とは!?
2017年10月24日放送のテレビ朝日『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、 つまずきや便秘の新常識、血管の老化ストップ食材...
【たけしの家庭の医学】奥園流「豆腐とさばのドライカレー」高血圧改善レシピ!血管の老化ストップ2大食材「豆腐&青魚」!
2017年10月24日放送のテレビ朝日『名医とつながる!たけしの家庭の医学』では、 つまずきや便秘の新常識、血管の老化ストップ食材...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。