【世界一受けたい授業】100歳まで歩く正しい歩き方!土踏まずを作る体操など!田中尚喜!

2017年10月21日放送の日本テレビ系『世界一受けたい授業』では、
ベストセラー「百歳まで歩く」の著者、田中尚喜さんが登場し、
正しい歩き方をレクチャーしてくれました。

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




■正しい歩き方

田中先生が伝授する100歳まで歩くための正しい歩き方!

ポイントは以下の3つです。

①体をまっすぐにし、前傾しない
歩きの基本は正しい姿勢。
耳・肩・腰・ひざ・くるぶしが横から見てまっすぐになっていることが理想です。

②ひざを伸ばす
歩いた時に、ひざを伸ばしたまま着地し、
そのままひざを伸ばしたまま後ろにもっていくのが理想です。
ひざを曲げてしまうとお尻の大殿筋や内ももの内転筋が使われず、
衰えてしまいます。

③地面に足をつける順番
正しい歩き方は、まずかかとから着いて、次に小指の付け根、
親指の付け根、そして最後に親指の順で地面に着くこと。

こうするとふくらはぎにあるヒラメ筋が鍛えられ、
年をとっても疲れずに歩くことが出来るとのこと。

目次にもどる

■土踏まずを作るエクササイズ

100歳まで歩く土踏まずのアーチを作るため体操です。

土踏まずを支えているふくらはぎと足首の筋肉を鍛えるには、つま先立ちが有効。

①壁に手をついて体を支えます。

②大きくつま先立ちをし、3秒キープします。

③かかとを下ろします。

1日10回を3セット行うと効果的です。

目次にもどる

■間違った歩き方改善!後ろ歩き体操

①壁に手をついて体を支えます。

②足を後ろに引き、つま先から着地します。
ひざを伸ばし、かかとを地面に着けます。

③反対の足も同じ動きをし、繰り返して
後ろ歩きをします。

1回1分程度を1セット、1日に3セットほどが目安です。

この体操により重心移動が円滑になり、
ひざが伸びた正しい歩き方ができるようになります。

目次にもどる

■関連記事

【世界一受けたい授業】豚バラのネギ茶漬けの作り方!秋バテ解消の最強メニュー!
2017年10月21日放送の日本テレビ系『世界一受けたい授業』では、 秋の疲れを解消する最強メニュー「豚バラねぎ茶漬け」のレシピを...
2017年7月8日放送の日本テレビ系『世界一受けたい授業』では、 サッカー日本代表の長友選手が体引締め効果抜群のヨガを伝授! ...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。