【ヒルナンデス】内科医が教える冷え性対策!オススメの入浴法!手首入浴法・333入浴法・洗面器入浴法!

2017年10月18日放送の日本テレビ系『ヒルナンデス』では
内科医直伝の簡単にできる冷え性対策を伝授してくれました。

解説は冷え性のエキスパート、石原クリニックの石原新菜先生です。

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




■冷え性を見抜く!簡単チェック

最近は女性の7割、男性でも4割の方が冷え性と言われています。

石原先生いわく冷えは万病のもとで、肩こり・頭痛・下痢や便秘といった
様々な症状を引き起こす原因となってしまいます。

そんな冷え性をチェックする項目はこちら!

①いつも手足が冷たい

②熱いお風呂が苦手

③汗っかきである

これらのうちの一つでも当てはまる場合は冷え性の可能性があるそうです。

目次にもどる

■簡単!手首入浴法

半身浴をする時間がないという方におすすめの入浴法です。

手のひらには内臓につながるツボが沢山あります。
内臓が活性化することで血行が良くなり、体を温めてくれます。

①42度程度の熱めのお湯を洗面器に入れ、
手首まで10~15分ほど浸けます。

②ぬるくなったら差し湯をして調整します。

塩を入れると皮脂と結びついて皮膚の表面をコーティングしてくれるため
保温効果がより高まります。

この入浴法で温まると、首や肩こりなどの上半身の症状が
改善することが期待できるとのこと。

目次にもどる

■3・3・3入浴法

長くお風呂に浸かっていられない人にオススメの入浴法です。

①42度程度の熱めのお湯に肩まで3分間浸かります。

②湯から上がり、3分間で体を洗います。

③再びお湯に入り、3分間浸かります。

④湯から上がり、3分間で髪の毛を洗います。

⑤再びお湯に入り、3分間浸かります。

⑥温まったら湯から上がります。

全身浴は肩まで浸かると水圧が約500gかかるそうです。
それにより体の隅々にある毛細血管が縮み、心臓が血を送り出そうとして
血流が良くなるため、新陳代謝がアップするとのこと。

またお風呂で温まったら、しばらくは体温調節の汗をかきます。
すぐに寝巻に着替えてしまうと湯冷めしてしまうのだそうです。

バスローブなら適度に汗を吸収してくれるので湯冷めの心配がありません。
入浴後はバスローブをしばらくまとっているのが◎。

冬の乾燥しがちな肌も、バスローブを羽織ることによって
肌の湿度を保ってくれるのでオススメとのことでした。

目次にもどる

■ぬるくならない半身浴!洗面器入浴法

冬場に少ない湯量で半身浴をすると、すぐに冷めてしまい
長く浸かっていられない…

そんな悩みを解決する入浴法です。

①湯船に全身浴ができる程度の湯をはります。

②洗面器をひっくり返し、湯舟に沈めて
その上に座ります。

湯量が多いので冷めにくく、また半身浴と同様に胸より下に湯が来るので、
心臓や肺に負担をかけずに長く湯につかることができます。

さらに、この時に上半身にバスタオルをかけておく
肩の冷えを防止することが出来るのでオススメとのこと。

目次にもどる

■関連記事

【ヒルナンデス】雑誌で話題の腸活&便秘改善メソッド!朝食に海苔・ペットボトル体操など
9月5日放送の日本テレビ系『ヒルナンデス』では、 女性に話題の”腸活”について、極意3カ条を専門医が伝授! 教えてくれたのは...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。