【ZIP】座りすぎが病の原因!?糖尿病や心臓病のリスク増!簡単にできる対策とは

2017年10月12日放送の日本テレビ系『ZIP/アレナニ?』では、
座りすぎのリスクについて特集!

今話題になっている本「長生きしたければ座りすぎをやめなさい」の著者、岡 浩一朗さんに
座りすぎがもたらす体への影響と対策を教えてもらいました。

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




■日本人は座りすぎ!?座りすぎがもたらす影響とは

座りすぎへのリスクは今世界中で研究されており、
座っている時間が4時間未満の人と比べて11時間以上の人は
死亡リスクが1.4倍にもなるという研究結果も出ているそうです。

岡先生いわく、例え運動していたとしても
それ以外の時間ずっと座っていると、
健康へのリスクがとても高くなってしまうとのこと。

座ったまま足を動かさないと全身の血流が悪化してしまい、
代謝機能が低下してしまうのだそうです。

その結果、肥満や糖尿病になりやすくなり、
さらには心臓病や脳梗塞などの深刻な病にもつながることも。

特に日本人は欧米人と比べて座っている時間が長いと言われています。

番組でも20~40代の男女25人に調査したところ、
1日に座っている時間の平均は8時間42分でした。

目次にもどる

■座りすぎによる健康リスクを避けるには

座りすぎによる健康リスクを避けるためには、
30分に1回は立ち上がって3分間動くのが理想です。

どうしても立ち上がれない場合は、
座ったままかかとを上げ下げするだけでもOK。

足を出来るだけ動かすと良いそうです。

長く座りすぎてしまったら、意識的に足を動かしたり
立ち上がるようにすると良いですね。

目次にもどる

■関連記事

【スッキリ】9割は自分で治せる!?老眼の症状改善策!目の筋肉を鍛えるトレーニング!
2017年10月3日放送の日本テレビ系『スッキリ』では、 スマホの影響で若者も要注意!老眼の症状㊙改善策”眼トレ”について特集して...
【あさイチ】攻めの間食のすすめ!オススメのおやつや効率的な摂り方!太っている人ほど間食をした方がよい理由とは
2017年10月2日放送のNHK『あさイチ』では、 美と健康を生み出す”攻めの間食”を特集! オススメのおやつや効率的な摂り...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。