【ゲンキの時間】現代人に多いスマホが原因の疲れ目!改善方法は目線外しと正しいめがね!

2017年10月8日放送のTBS系『健康カプセル ゲンキの時間』では、
現代人を悩ませる疲れ目の改善方法について特集!

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




■疲れ目の現代人が急増!原因は

疲れ目になると目が重い、痛い、かすむ、ショボショボする、
まぶたがピクピクするといった症状が出てきます。

スマホを使う頻度が多い現代人には
この疲れ目の症状を感じている人が沢山いるそうです。

スマホの画面はバックライトによって照らされています。
実はこのバックライトは人の目では追い付かないくらい
短時間で明暗を繰り返し、明るさを調整しているのです。

そんなバックライトに対し、目の筋肉がうまく対応出来ていないため、
負担が大きくなってしまい、より疲れてしまうのです。

さらに長時間のスマホの使用は瞬きの回数が減り、
ドライアイの原因にもなってしまうとのこと。

目次にもどる

■疲れ目の時に食べると良いもの

目が疲れていると感じたらガムを食べるのがオススメ!

ガムをかむことで目の周りの血流が上昇し、
筋肉がほぐされ疲れ目の改善につながります。

白目の部分の血流が約70%もアップしたという実験結果もあるそうです。

仕事の休憩中などには眠気防止にもなりそうですね。

目次にもどる

スポンサーリンク




■オススメの疲れ目改善法

◎目線外し
集中して何かを見続けることで目が疲れるような場合、
近くのものから適度に目線を外すことが重要です。

細かいものやスマホを見るような場合は、
15分に1回程度は休憩を入れて
遠くを見たり、目をつぶるようにしましょう。

◎蒸しタオルで温める
また疲れ目には蒸しタオルを目の上に乗せるのも効果的。
約40度に温めたタオルを3分ほど目の上に乗せると良いそうです。

◎自分にあったメガネを
度数が合っていないメガネやコンタクトは
知らず知らずのうちに目に負担がかかり、疲れ目になる原因に。

さらに40~50代にかけては老眼になる人が多いのですが、
老眼に気づかず生活をしていると、目が疲れてしまいます。

目が疲れると感じる方は健康診断と同じように
1年に一回を目安に眼科で検査すると良いそうです。

目次にもどる

■恐怖!眼精疲労が招く全身の不調

たかが疲れ目と思って放っておくと重度の眼精疲労となり
実はとても危険なことも。

眼精疲労は目の疲れや痛みに加え、頭痛や食欲不振、
進行するとイライラや不安が現れ、うつ状態になることもあります。

またスマートフォンが出てから近くのものを集中してみる機会が増え、
気づかずに”外斜位”になっている人もいるそうです。

外斜位とは一見普通に見えるのですが、目を休ませると
休ませた方の目が外側にずれる状態のこと。

目を開けているときは無意識に視線を合わせるため疲れやすくなります。

対策として”プリズムメガネ”という光の屈折を利用し、
目に負担がかからずに見えるよう調節したレンズを使用した
メガネを使うことが出来るそうです。

気になる方は眼科医に相談するようにしてみましょう。

目次にもどる

■まとめ

目の疲れは日々感じていてもそれが当たり前と思ってしまっていました。
上手に休憩や対策を取って、目を休ませるようにしたいですね。

目次にもどる

■関連記事

【スッキリ】9割は自分で治せる!?老眼の症状改善策!目の筋肉を鍛えるトレーニング!
2017年10月3日放送の日本テレビ系『スッキリ』では、 スマホの影響で若者も要注意!老眼の症状㊙改善策”眼トレ”について特集して...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。