【ノンストップ】熱帯夜の快眠”枕”!予約2か月待ちの枕外来・快眠枕チェックなど

7月12日放送のフジテレビ系『ノンストップ』では、夏の寝苦しさを解消する快眠の秘訣を特集していました。

解説してくれたのは日本で初めて枕外来をスタートしたという16号整形外科院長の山田朱織(しゅおり)さんです。

番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


■予約2か月待ち!枕外来って?

山田先生が院長をつとめるのは神奈川県相模原市にある16号整形外科。その中で日本初の枕外来を開設されたのだそうです。

枕外来は枕と睡眠を専門に扱う診療科で、首・肩などのチェックや不眠のカウンセリング、寝姿勢・枕の調整法などを指導してくれます。

睡眠に悩む患者さんが殺到し、現在予約2か月待ちとなっているそうです。

なお保険診療にて約3000円程度から診察が受けられます。

番組ではスタッフの方が診察をしていただき、「変形性頸椎症」と診断されていましたが、この症状は枕が合っていないと不眠や肩こりの症状が出てきてしまうとのこと。枕外来では5ミリ単位で調整し、患者さんにあった枕を診断してくれるのだそうです。

16号整形外科(院長 山田朱織)
所在地:
相模原市中央区高根1-3-7
JR横浜線 淵野辺駅南口徒歩10分 
国道16号沿い
駐車場あり
TEL : 042-776-2211
16号整形外科の公式ホームページはこちら

目次にもどる

■こんな人は枕が高すぎるor低すぎる!

睡眠時に

・左右の首筋のつり
・のどがつまる
・首後ろに突っ張り・腰の痛みや重い感じ
・横向きで下になる時の首つり

などを感じる場合は、枕が高すぎる可能性があるとのことでした。

逆に枕が低すぎる場合は、

・肩甲骨周囲の違和感・痛み
・胸の痛み
・しびれ
・後頭部の圧迫感
・手や腕を枕の下に敷く

といった症状があるそうです。

数々のテレビ番組に出演の整形外科医、山田朱織先生の考案したオーダー枕がネットで購入できる!

目次にもどる

スポンサーリンク


■簡単!快眠枕チェック

枕を選ぶときは上向きと横向き、そして寝返りの全てがジャストフィットすることが大切なんだそうです。それぞれの理想の形は以下のとおりです。

■上向き

上向きで寝てみて、枕と首の理想の接地角度は15度くらいになります。

■横向き

まず仰向けになり、両手を胸の上でクロスさせ、膝を立てます。そのまま横向きになり、体の中心線(額・鼻・あご・首)が一直線になっているかを確認します。

■寝返り
上記の横向きの状態から左右へ寝返りを数回繰り返します。その際に腰が重くないかを確認します。

↓山田先生考案のオーダーメイド枕を購入するならこちらから!


目次にもどる

■超高級!最新まくら

■睡眠用たわし
予約が取れないマッサージ店「悟空の気持ち」が考案したという快眠まくら。通気性にこだわり、従来の枕より-5度涼しい状態にしてくれるそうです。価格は9800円。

公式ホームページ・購入はこちらから

■ボディピローセレクション S型寝姿勢
ロフテー枕工房
両膝を挟むようにして使う抱き枕。ひざが安定することによって安心して眠れるのだそうです。
価格:1万6000円

■愛あるアイダーまくら
大和屋ふとん
お値段なんと60万円!中にはアイスランドに生息する国際保護鳥から取れる希少なアイダー羽毛が使われています。

目次にもどる

スポンサーリンク