【あさイチ】攻めの間食のすすめ!カギを握るのは体内時計!間食に大革命を起こす時間栄養学とは

2017年10月2日放送のNHK『あさイチ』では、
美と健康を生み出す”攻めの間食”を特集!

ここでは、間食に向いている時間や体内時計を狂わせない方法など
時間栄養学の最前線について、早稲田大学の柴田教授が教えてくれた
情報をまとめましたので紹介します。

スポンサーリンク




■時間栄養学とは

何をいつ食べれば体に吸収されやすいか、
また使われやすいかが分かるのが時間栄養学です。

鍵を握るのは脂肪細胞の増加や脂肪蓄積にかかわる
時計遺伝子(Bmal1ビーマルワン)と呼ばれるもので、
私たちの体内時計を制御しています。

このBmal1の24時間のリズムが間食の取り方に大きな影響を与えるのだそうです。

目次にもどる

■間食で脂肪をつけないヒケツ

柴田先生いわく、間食のベストタイミングで
最も脂肪がつきにくいのは午前10時30分ごろ。

脂肪たっぷりの間食なら、午後10時半に食べるよりもよっぽど良いそうです。

午前中に食べると効率が良いものは
DHAやEPAを多く含む魚肉ソーセージ、リコピンを多く含むトマト、ビタミンEを含むナッツ類、
食物繊維を含む寒天ゼリー、たんぱく質を含むヨーグルトなど。

また午後に摂るとよいものは マグネシウムとカルシウム。
ナッツ類や昆布、小魚やチーズなどが該当しますので、
↓こういったナッツと小魚が一緒に入ったスナックなどがオススメです。

目次にもどる

■間食を効率的に摂るためには…

間食を効率よく撮るためには、体内時計のスイッチを入れることが重要です。

そのためには

・起きたら朝日をしっかり浴びる
・起床後2時間以内に朝食を摂る

といったことがポイントになります。

起きたら窓際で少し朝日を浴びる程度でもOKです。

また、体内時計を狂わせないためには、夕飯を早めにすますことが大切。
ベストは18時ですが、せめて20時、それでもだめならギリギリ22時には摂るようにとのこと。

もし夕食が22時を過ぎるようなら間食を取っておくようにしましょう。
その場合は夕方4~5時の間に、たんぱく質が豊富なおやつが最適です。
チーズやヨーグルトなどを選んで食べるようにすると◎!

目次にもどる

■オススメのおやつや効率的な摂り方&太っている人ほど間食をした方がよい理由

【あさイチ】攻めの間食のすすめ!オススメのおやつや効率的な摂り方!太っている人ほど間食をした方がよい理由とは
2017年10月2日放送のNHK『あさイチ』では、 美と健康を生み出す”攻めの間食”を特集! オススメのおやつや効率的な摂り...

目次にもどる

■まとめ

体内時計によって太りやすさが変わってきてしまうのは
気を付けたいですね!

目次にもどる

■関連記事

まな板包丁いらず!20分でディナーが完成する大人気のミールキットとは
9月6日放送の日本テレビ系『スッキリ!』では、 忙しい主婦の味方「ミールキット」を特集していました。 手軽に作れてゴミも少な...
【ヒルナンデス】子供服の簡単リメイク!丈が短くなったTシャツ・くるみボタン・記念ボードなど
8月28日放送の日本テレビ系『ヒルナンデス』ヒル活のコーナーでは、 不要になった古着や子供服を再び生き返らせる㊙テクニックを教えて...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。