【世界一受けたい授業】誤嚥からくる肺炎を防ぐ!西山耕一郎氏直伝の3つのトレーニング方法!

2017年9月30日放送の日本テレビ系『世界一受けたい授業』では、
日本人の死因第3位となる「肺炎」について特集!

「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」の著者・西山耕一郎先生が登場し、
肺炎にならないために喉を鍛える方法などを教えてくれました。

スポンサーリンク




■誤えんとは

風邪をこじらせて罹るイメージの強い肺炎ですが、
高齢者の肺炎のおよそ7割は、食べ物が気道に誤って入り込む”誤えん”が原因。

食べ物や唾液などが肺に入ると肺の中でで炎症が起き、
肺炎を引き起こしてしまうのです。

さらに誤えんは窒息を起こす危険性もあり、
れには高齢者だけでなく若者や子どもも要注意!

窒息は交通事故死を除く不慮の事故死の5年連続第一位なのです。

誤えんの原因は飲み込む力の低下。
だからこそ、喉を鍛えれば寿命が延びると考えられているのです。

目次にもどる

■誤嚥した患者の正しい応急処置の方法

誤嚥で苦しんでいる患者の正しい応急処置の方法です。

①呼吸をしているか確認する。

②上半身を前に倒す。

③背中をたたいて咳をさせる。

気道を水平にする姿勢で背中をたたき咳をさせるのが重要です。

可能であれば口の中を見て異物がないか確認して、
見えたらすぐにかき出してください。

上半身が起きている状態で背中をたたいても
異物が肺に入ってしまい余計に危険です。

また、水を飲ませるのもむせやくなるのでNGです。

目次にもどる

■誤嚥を防ぐ簡単なコツ

食べ物が気道に入ってしまう誤嚥が最も起こりやすい姿勢は
飲み込む瞬間に上を向いているときです。

上を向いて飲み込むと気道にフタをしづらくなり
誤嚥が発生しやすくなります。

これを防ぐには、飲み込む瞬間に軽くうなづくと良いそうです。

また、飲み込んだ直後には、ビールを飲んだ時のように、
「はー」と息を吐くことで誤えんしかけても息と一緒に出すことができます。

若い人は誤嚥をしてしまっても吐き出すことが出来ますが、
飲み込む力や咳き込む力が弱い人はそのまま肺の中に入ってしまい、
自然に出てくることがほとんどありません。

そのままになると肺の中で炎症を起こして肺炎を引き起こす原因となってしまうのです。

目次にもどる

■飲み込み力チェック

あなたの喉は衰えている?飲み込み力のチェック項目です。

①ペットボトル飲料を上を向いて飲むとよくむせる。

②声をかけたのに無視されることが多い。

③歩くスピードが遅くなった。

④大きめの錠剤を飲みにくく感じる。

⑤食事を終えた直後ガラガラ声になる。

2つ以上あてはまる場合は、飲み込み力が弱っている危険信号です。
体力が落ちると喉も衰え、飲み込みが悪くなることが分かっているそうです。

また、のど仏を見ても飲み込み力の衰えが分かるとのこと。
飲み込むのに欠かせないのが喉ぼとけを支える筋肉です。

年齢と共に喉ぼとけの位置は下がります。
理想的な位置は首の中央より上です。
喉の筋肉が衰えている人は喉仏の位置が中央より低い場所にあります。

また、飲み込んだ時にのど仏が2㎝以上動くかどうかを
定期的にチェックすると良いそうです。

女性にもわかりづらいですが喉ぼとけはあり、
喉に指を添え”イー”と声をだしたとき、突起が動くのがわかるそうです。
それでもわからない場合は、唾をのみ込んでみてください。
上に2~3センチ動くのがのど仏です。

目次にもどる

■寿命を延ばすのど運動

◎あご持ち上げ体操
①下あごに両方の親指を当てる。

②あごを引きながら、指で力いっぱい押し返す。

②口を横に広げ「イー!」と、のど仏周辺に
5秒間力を入れ続ける。

朝・昼・晩の食前に5秒×10回、行うと効果的です。
 
 
◎吹き矢トレーニング
①大きい紙と小さい紙、セロハンテープを用意する。

②大きい紙で、直径2センチ程度の筒を作り、テープで止める。

③小さい紙を丸めてテープで固めて玉を作る。

④玉を筒に込め、50センチ先に置いた空のペットボトルを
倒すイメージで吹く。

これを1日5分程度楽しみながら行いましょう。
吹く力を鍛えると、飲み込む力も鍛えられます。

◎ハイトーンカラオケ
高いキーの曲を歌えば、のど仏を動かす筋肉が鍛えられます。
これにより、のど仏が上に上がって来ます。

先生オススメの曲は堺正章の「さらば恋人」。

低い音程から歌い始め、徐々に上がっていくのが
ハイトーンカラオケに最適とのこと。

広瀬香美さん、オフコース、ミスチルなども例に挙げられていました。

目次にもどる

■まとめ

肺炎が誤嚥からくるというのは怖いですね。
のどを鍛えて、しっかり対策をしたいです。

目次にもどる

■関連記事

【ビビット】名医が実践する歯周病予防!1日30秒の唾液分泌体操&おすすめ調理法
9月29日放送のTBS系『ビビット』では、 著書「歯をみがいてはいけない」がベストセラーとなった 歯科医師の森昭さんが登場し...
【グッドモーニング】手軽に栄養を摂れる!人気急上昇”大人の粉ミルク”とは!?
9月28日放送のテレビ朝日系『グッドモーニング/明解まとめ』では、 今女性やシニア世代から大注目の「大人のための粉ミルク」について...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。