【ビビット】名医が実践する歯周病予防!1日30秒の唾液分泌体操&おすすめ調理法

9月29日放送のTBS系『ビビット』では、
著書「歯をみがいてはいけない」がベストセラーとなった
歯科医師の森昭さんが登場し、歯周病予防について解説してくれました。

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


■歯周病とは?

歯周病とは歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、
やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のこと。

進行すると歯を失う原因となるだけでなく、歯周病菌が出す炎症物質や毒素が
歯肉から全身の血管に入り込み、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまうことも。

つまり、歯周病を防ぐことは将来の健康管理への第一歩となるのです。

目次にもどる

■正しい歯磨きの時間と方法は

森先生いわく、寝ている間に口の中の細菌は爆発的に増えてしまいます。

そのまま朝食を食べると菌を一緒に飲み込むことになってしまうので、
起きたらすぐに歯を磨くことが大事なんだそう。

また、歯磨きをするよりも先にデンタルフロスによる歯間ケアを行うほうがより有効とのこと。
歯と歯茎の間に歯垢が繁殖し、炎症を起こすのを防いでくれます。

実際に森先生は起床時と就寝前はデンタルフロスと歯ブラシ、食後はデンタルフロスのみと
デンタルフロスを中心とした歯磨き習慣となっているそうです。

実際に予防歯科への取り組みが進んでいる欧米でもデンタルフロスの使用率は日本より格段に多くなっています。
歯ブラシのみの歯磨きこそが、森先生のいう”間違った歯磨き”ということなのです。

目次にもどる

■1日30秒でOK!歯周病予防の「舌回し体操」

歯周病予防に欠かせないもう一つのキーワードが”唾液”
唾液には歯周病の原因となる歯垢を除去する強力な殺菌作用があります。

口の周りには3大唾液腺と呼ばれる耳下腺、顎下腺、舌下腺があり、
そこを指で軽く押すことで唾液を分泌することが出来るそうです。

また、森先生が毎日実践しているという1日30秒の舌回し体操もオススメです。

やり方は、歯茎に沿って左右合わせて10回ずつ舌を回すだけです。
これで唾液が出てくるのが実感できるとのこと。

目次にもどる

スポンサーリンク


■歯周病予防の㊙調理法とは

森先生のお宅では、調理の際に具を大きく切るという工夫をされているそうです。
カレーの具材もかなり大きくゴロっと存在感のあるものでした。

↓きんぴらもこの通り…

食材を大きくカットして食べることにより、かむ回数が増えて
唾液の分泌がアップするとのこと。

外食をする際にもポイントがあり、お寿司屋さんでは、最初にかっぱ巻きを注文していました。
これは、海苔をかむことにより前歯を使い、あごが動くので唾液が出やすくなるとのこと。
前歯でかじって、奥歯でかむことが虫歯予防に最適な食べ方なのだそうです。

目次にもどる

■まとめ

歯周病は一度なると大変なので、日ごろから
きちんとケアしていくことが大切ですね。

ちょっとした工夫で唾液分泌にもつながるので、
心がけていきたいと思います。

目次にもどる

■関連記事

【この差って何ですか】歯周病になりやすい人!話題の「毒だしうがい」で歯周病予防
8月29日放送のTBS系『この差って何ですか?』では、 実は命に係わる病気を招く「歯周病」について紹介していました。 ...
【たけしの家庭の医学】名医の肩こり解消法!肩すとんストレッチ&ブーケトスストレッチ!
9月26日放送のテレビ朝日系『たけしの家庭の医学』では、 痛み治療の名医・田中靖久先生が教える肩こり徹底解消法を教えてくれました。...

目次にもどる

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。