【ガッテン!】腰痛改善の股関節体操!足パカパカ&おしりフリフリ&四股スクワット!猫背チェック法も!

9月27日放送のNHK『ガッテン!』では、
股関節腰痛改善に効果的な珍体操として足パカパカ体操、
おしりフリフリ体操、四肢スクワットを紹介していました。

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




■股関節腰痛とは?

股関節とは上半身と下半身のつなぎ目になり、体重を支えてくれる関節のこと。
例えば階段を上ったり、しゃがんだりするときなど日常の様々な動作で使われています。

その股関節の不具合で生じるのが「股関節腰痛」です。

そのサインとしては、以下のようなものがあります。

①あぐらがかけない
②足が上がらず立ったまま靴下がはけない
③階段が辛い
④立ち上がりにくい

これらに当てはまる場合は知らないうちに
股関節腰痛を患っている可能性があるそうです。

目次にもどる

■猫背タイプのチェック法

①手をついて四つん這いになります。

②お尻を後ろに下げたり、戻したりします。

この時、猫背になっていると股関節がうまく動いていないサインです。
立った時に猫背になっていなくても、四つん這いになり猫背になっている人は要注意です。

お尻を引くときに股関節で大腿骨がなめらかに動けば、猫背にはなりません。
逆にうまく動かないと股関節で動かざるをえず猫背になってしまいます。

目次にもどる

■足パカパカ体操

股関節には23もの筋肉があり、中でも深層筋はサボりがちな筋肉です。
ストレッチ伸ばすことにより

椅子に腰かけて、ひざを外と内に交互にパカパカ動かします。


ポイントは力を抜いてやるということ。
自分が一番楽な姿勢をとってください。

無理に足を広げたりせず、スピードも自分が楽に思うくらいでOKです。

1日10回×2セット行うと効果的です。

目次にもどる

■おしりフリフリ体操

なめらかな股関節を作るための簡単体操です。

①立ったまま、足を軽く開きます。

②ゆっくり左右に腰を動かします。

顔の位置は変えないように腰を動かすのがポイント。

1日10回×2セット行うと効果的です。

目次にもどる

■四肢スクワット

外側と内側の筋肉をバランスよく動かすことが出来る運動です。

①両足を肩幅より広めに広げて立つ。

②つま先は斜め前に出す。

③背筋を伸ばし、前傾姿勢を保ちながら、
おしりを突き出すようにゆっくりと腰を落とす。

1日10回×2セット行うと効果的です。

少し負荷が強い体操なので、十分に注意して行ってください。

目次にもどる

■まとめ

3つの体操を組み合わせて行うと効果的とのこと。
どれも簡単に行えるので、日課にできると良いですね!

目次にもどる

■関連記事

【ソレダメ!】5秒腹筋!5倍の効果を上げる方法とは!?
9月13日放送のテレビ東京『ソレダメ!』では、 プロスポーツトレーナーの松井薫さんが登場し、 たった5秒で5倍の効果がある「5秒...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。