【ミヤネ屋】秋カビに要注意!エアコン・浴室・排水溝の簡単お手入れ法!プロが伝授する対策!

2017年10月4日の日本テレビ系『ミヤネ屋』では、秋カビの増殖対策を特集!
掃除のプロが伝授する家庭で出来る簡単対策を紹介します。

■エアコン

知らず知らずのうちにたまるエアコンフィルターのホコリは
カビの栄養源となってしまいます。

さらに吹き出し口の奥にも黒いカビが生えやすくなっています。

掃除をしないまま冬に暖房を使うと、アレルギーの原因ともなるカビの胞子が
室内に蔓延する恐れがあるのです。

◎フィルター掃除法
①掃除機でフィルターの表面のホコリを吸い取ります。

②裏側からシャワーで洗い流します。
 
 
◎吹き出し口の掃除法
※必ずエアコンのコンセントを抜いてから行ってください。
①キッチンペーパーと割りばし、輪ゴムを用意します。

②キッチンペーパーを二つに折ります。

③折り目に割りばしを差し込み、ペーパーをくるくると巻き付け、
輪ゴムで止めます。

④水で濡らして軽く絞り、エアコンの吹き出し口から
差し込んでカビをぬぐい取ればOK!

目次にもどる

スポンサーリンク




■浴室

浴室にはオーレオバシディウムやロドトルラといった
アレルギーや感染症の原因となるカビ菌が多く繫殖しています。

◎赤カビ・黒カビの掃除法
①カビの上の汚れを浴室用洗剤をかけて、
スポンジ等でこすって落とします。

②雑巾で水気を拭きとり、カビ取り剤を吹きかけます。

③カビ取り剤の上にラップをかけて15分ほど放置します。

④あとは水で流せばOK!

普段から入浴後は浴室全体に45度以上の熱いお湯をかけ、
その後に冷たい水をかけておくとカビが繁殖しにくくなるそうです。

目次にもどる

■排水溝

浴室などの排水溝のヌメリをすっきりと掃除する方法です。
カビ取り剤などは完全に流してから行ってください。

①重曹とクエン酸を用意します。

②排水溝のヌメリに重曹をふりかけ、
その上に重曹の半量程度のクエン酸をかけます。

③45度くらいのお湯をかけます。

④汚れが浮き上がってきたら古い歯ブラシなどでこすって落とし、
水でしっかり洗い流せばOK!

アルミホイルを丸めて排水溝に入れておくと、
金属のイオンが発生してぬめりが発生しにくくなるそうです。
キッチンの排水溝などにも活用できます!
丸めたアルミホイルを3つほど入れておくと良いそうです。

目次にもどる

■まとめ

梅雨時期だけでなく、今もカビが生えやすいのは要注意ですね。
免疫力も弱ってくる時期なので、しっかり対策したいところです。

目次にもどる

■関連記事

【めざど】秋こそ注意!家のダニ対策!オススメの掃除時間や盲点など
9月9日放送のフジテレビ系『めざましどようび』では、 秋に増加する家のダニ対策を特集していました。 掃除するタイミングや...
【ごごナマ】頑固な汚れにセスキ炭酸・とろとろ石鹸・クエン酸でピカピカ!赤星たみこの掃除術
9月4日放送のNHK『ごごナマ』知っトク!らいふでは、 気になる家の汚れをピカピカにする掃除術を伝授してくれました。 教えてくれたの...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。