【この差って何ですか】肌のシワが少ない人の秘密!日傘・食べ物・洗顔・入浴法など

9月5日放送のTBS系『この差って何ですか?』では、
シワが少ない女性にアンケートを取り、その理由を徹底調査していました。

日傘のさし方や食生活、洗顔法など、
美肌になるためのお得な情報が盛り沢山!

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


■日傘の色は黒

シワの主な原因のひとつが紫外線

皮膚は表皮と真皮、皮下組織の3層構造になっており、
通常は真皮に含まれるコラーゲンが表皮を支えることで
ハリのある肌を保っています。

ですが、紫外線を浴び過ぎるとコラーゲンが壊れ、
表皮を支えきれずにシワとなってしまうのです。

美肌の人たちの多くは黒い日傘を愛用していました。

黒は紫外線を吸収してくれるので、
白い日傘よりも、日よけ効果が高いのだそうです。

外側が白で、内側だけ黒い日傘を
使っている人もいましたが、
これも地面から反射した紫外線を
内側の黒い面が吸収してくれるので◎。

目次にもどる

■洗顔のこだわり

◎朝の洗顔法
朝の洗顔方法で一番多かったのは「ぬるま湯」でした。

ナイトクリームなどの化粧品の油分や
皮脂汚れなどを朝の洗顔で洗い流す必要があるのですが、
皮脂が溶け出る温度は30℃以上と言われています。

なので、30~32度程度のぬるま湯が一番効果的とのこと。

冷たい水では皮脂が十分に洗い流せず、
吹き出物やかゆみの原因になってしまうそうです。

◎シャワーで流さない
お風呂で顔を洗って流すときに、シャワーを直接当てるのはNG!
シャワーの水圧で皮脂が落ちすぎてしまい、
肌のバリア(保湿)機能が低下して乾燥してしまいます。

◎お風呂では最後に洗顔
洗顔をすると保湿機能がなくなってしまいます。
最初に顔を洗うとお風呂に入っている間に乾燥が進んで
肌を傷つけてしまうので、最後に洗うのがオススメとのこと。

◎洗顔後の保湿までの時間
お風呂から上がって、保湿するまでの時間は
出来るだけ速やかに行うのがベスト!
アンケートで一番多かったのは3分以内でした。

お風呂から出た直後の毛穴が開いている時に
保湿をすることで、十分に浸透していくそうです。

目次にもどる

スポンサーリンク


■肌に良いコラーゲンを多く含む食べ物

紫外線で壊れてしまうと言われるコラーゲンですが、
紫外線対策だけでは不十分で、コラーゲンを摂って
作ることが大切なんだそうです。

コラーゲンを食べることによってコラーゲンペプチドに分解され、
コラーゲン細胞が増加します。

コラーゲンを多く含む食べ物はこちら!

◎鮭
特に鮭の皮には豊富にコラーゲンが含まれています。
アンケートでも多くの人が鮭は皮まで食べると言われていました。

◎手羽先
鶏の手羽先にはコラーゲンはもちろん、
コラーゲンを作るのに必要と言われる
ビタミンB6も含まれているので、一石二鳥なんだそうです。

◎鶏レバー
レバーに含まれるレチノールという成分はビタミンAの一種で、
ヒアルロン酸を増やしてくれます。

目次にもどる

■美容に良い飲み物

美肌の人々が飲んでいる飲み物のベスト5はこちら。

1位 豆乳
2位 コラーゲン入りドリンク
3位 飲むヨーグルト
4位 青汁
5位 玉ねぎの皮茶

第5位の玉ねぎの皮茶はあまり聞きなれないと思いますが、
玉ねぎの皮には抗酸化作用のあるファイトケミカルが含まれており、
美肌にとても効果があるそうです。

作り方は、乾燥させた玉ねぎの茶色い皮を約3分煮だすだけです。

他の野菜の皮にもファイトケミカルは含まれており、
特に落花生の茶色い皮には多く含まれているそうです。

関連記事★
【あさチャン】栄養満点!ファイトケミカル★野菜スープ&シンガポールチキンライスのレシピ

目次にもどる

■入浴法

シワに効果的なお風呂の入り方は、

熱めのお湯に5分ほど浸かること。

最近の研究では、熱いお湯に浸かることで
ヒートショックプロテインが生まれると言われています。

ヒートショックプロテインとはコラーゲンを修復するたんぱく質のこと。
紫外線で傷ついた肌のダメージを治してくれるそうです。

ヒートショックプロテインが期待できる入浴時間は、
40℃なら20分、41℃なら10分、42℃で5分とのこと。
※個人差があるので、無理のない範囲で行いましょう。

目次にもどる

スポンサーリンク