【ウチのガヤがすみません】土屋太鳳の開運料理!鮭の南蛮漬けレシピ★ボルサリーノ関

8月29日放送の日本テレビ系『ウチのガヤがすみません』では、
開運料理でおなじみのボルサリーノ関さんが登場し、女優の土屋太鳳さんに
おすすめの開運食材を使った「鮭の南蛮漬け」を披露してくれました。

スポンサーリンク


■それぞれ食材の運気

鮭の南蛮漬けに使われた食材の運気についてご紹介します。

そもそも漢字の食という字は「人を良くする」 と書くことから、
食べ物自体が運気をよくするというパワーを持っているそうです。

◎恋愛運アップ
①鮭
食べ物には陰と陽があり、鮭は身体を温める陽となります。
鮭を食べることで体が温まる=頬がピンクになるということで、
色気が出て恋愛運アップに繋がるという説があるそうです。

②枝豆
枝豆(豆類)は魔を滅(め)する=魔除けという意味があり、
悪い男から身を守るという意味もあるとのこと。

③トマト
トマトはラブアップ(恋の果実)ということで、
物事を情熱的にする効果があるそうです。
イタリア人が恋愛に情熱的と言われているのは
トマトの消費量が多いためとか…

◎健康運アップ
・タマネギ・にんじん・生姜
それぞれ健康に良い食材と言われており、
中でもタマネギはデトックス効果、ニンジンは鎮静効果や
腹黒さのデトックスという意味があるそうです。

◎仕事運アップ
・レモン
タネ、花が咲く、実がなる、タネ・・・と繰り返す、
=チャンスを繰り返す、ということから仕事が
舞い込むという意味になるそうです。
また、レモンの酸味が疲れを取る効果も!

◎ミラクル運アップ
・ゴマ
薬膳の世界では不老不死の種とも呼ばれ、奇跡の食材で、
不思議なことが起こるというパワーを持っています。

目次にもどる

関連記事★
【PON!】ボルサリーノ関の開運飯★恋愛運アップのトマトそうめんレシピ!

■鮭の南蛮漬けの作り方

【材料】
※番組では詳しい作り方の説明がなかったので、
一般的な鮭の南蛮漬けのレシピからご紹介します。

鮭★ 2~3切れ
塩コショウ 適量
小麦粉 適量
サラダ油 適量

トマト★
枝豆★
レモン★
たまねぎ★
にんじん★
しょうが★
ごま★
※野菜はお好みの量で

<南蛮酢>
出し汁 200cc
みりん 大さじ2
砂糖大さじ1
薄口醤油 大さじ2と1/2
酢 大さじ4

★は開運食材

スポンサーリンク


【作り方】
①鮭を食べやすく切り、塩コショウで下味をつけ、
全体に小麦粉をまぶす。

②玉ねぎ、にんじんは千切り、トマトは角切りにする。
レモンはスライスし、さらに4等分に切る。
しょうがは細めの千切りにする。
枝豆は下ゆでし、皮をむいておく。

③南蛮酢を作る。
小鍋にだし汁、みりん、砂糖、しょうゆを入れて加熱し、
沸騰したら火を止めて、酢を入れる。
保存容器に移しておく。

④フライパンにサラダ油をひいて熱し、
玉ねぎ、にんじんをサッと炒める。
南蛮酢に浸けておく。

⑤鮭を両面焼いて火を通し、
南蛮酢に浸ける。

⑥トマト、枝豆、レモン、生姜、ごまも南蛮酢に浸け、
ざっと混ぜれば完成。

しばらく浸けて味を馴染ませてからいただきます。

目次にもどる

スポンサーリンク