【この差って何ですか】歯周病になりやすい人!話題の「毒だしうがい」で歯周病予防

8月29日放送のTBS系『この差って何ですか?』では、
実は命に係わる病気を招く「歯周病」について紹介していました。

スポンサーリンク


■歯周病って何?

厚生労働省の発表によれば、歯周病は30代以上の日本人で
8割もの人々が患っているという国民病。

歯周病になると歯磨きで出血したり、
寝起きに口の中がネバネバする、歯が長く見えるといった
症状が出てきます。

さらには口の中の症状だけにとどまらず、
心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気を
引き起こす可能性があるのです。

歯周病の原因は、食事の後に残った食べカス。
食べカスに細菌が集まり、その細菌が口の中をむしばむことで、
歯を支える骨や歯ぐきなどを破壊してしまうのです。

さらに、その細菌は口の中の傷口から血管に入り込み、全身に広がります。
そして血管の壁をむしばむことで、腫れ上がり、血流が止まってしまい、
心筋梗塞や脳梗塞を引き起してしまうとのこと。

目次にもどる

■歯周病になりやすい人は?

歯学博士の照山裕子先生に聞く歯周病になりやすい人についての特徴。

それは加齢や喫煙とともに、日常のケア不足が大きな原因となっています。

歯周病の原因である食べカスは、歯と歯の隙間にたまりやすく
歯磨きをするだけでは取れません。

なのでデンタルフロスや歯間ブラシで
取り除くことが大切です。

目次にもどる

スポンサーリンク


■歯科医が考案!毒出しうがいのやり方

照山裕子先生が歯周病の予防法となる毒出しうがいの方法を考案し、
出版した本は4か月で10万部のベストセラーとなりました。

毒だしうがいとは、歯周病の原因である食べかすと、
そこに集まる細菌を効果的に取り除くうがいの方法です。

外出先で歯磨きが出来ない…といった時などに
大活躍する毒だしうがい、ぜひ実践してみましょう。

◎毒だしうがいの方法

①おちょこ1杯ぐらいの水を口に含み、
勢いよく歯に水をぶつけて食べかすを取ります。

→口に含む水が少量の水であれば、勢いよく歯にぶつけることができるので、
歯の間の食べかすが取れやすくなります。

②上下左右の4方向に水を動かす。
まずは鼻の下が膨らむくらいに前歯に、
「強く速く水をあててクチュクチュ」を10回繰り返します。

同様に下、左、右も行い、4方向各10回ずつ、
合計40回行います。

できるだけ速く行うのがポイント!

うがいの水は飲んでしまってもOKなので、
食事中など、どこでも手軽にできます。

さらに、水より緑茶を使うとより効果的!
緑茶のカテキンには殺菌、消臭効果があるので、
食後にお茶を飲んでうがいをするだけで
キレイにさっぱりします。

目次にもどる

スポンサーリンク