【林修の今でしょ講座】健康長寿の秘訣!発酵食品のパワー!ヨーグルト・納豆・味噌など

8月29日放送のテレビ朝日系『林修の今でしょ!講座』では、
健康長寿の1000人を調査し、長生きできる秘訣を徹底検証していました。

発酵食品・肉料理・風呂・睡眠…、
健康長寿になれる人はいったいどんな人!?

スポンサーリンク


■発酵食品

健康長寿の約9割もの人が日常的に摂っているという発酵食品。

<発酵食品の3大パワー>
・もともとの栄養素がパワーアップ
・発酵の過程で新栄養素が誕生
・栄養がより吸収されやすくなる

そんな健康長寿の人々がよく食べている発酵食品のベスト3はこちら!

第1位★ヨーグルト

ヨーグルトにはカルシウムが豊富で腸内環境を整えてくれます。
腸の中の善玉菌が多いほどがんにかかりにくい、免疫機能が高まり
インフルエンザなど様々な病気になりにくいといった研究結果があります。

善玉菌を減らさないことがアンチエイジングの
戦略になるとも言われているそうです。

またバナナに含まれるオリゴ糖は善玉菌のエサになり、
腸内環境を改善すると言われています。
ヨーグルトと一緒に摂ることで乳酸菌とのW効果が期待できます。

第2位★納豆

納豆には他の食べ物にはあまりないビタミンK2
多く含まれています。
このビタミンK2はカルシウムを骨に届ける大切な栄養素。
つまり、骨粗しょう症の予防にとても役立っているのです。

また、納豆にキムチと併せて食べると、キムチに含まれる
乳酸菌が10倍に増えるという研究結果が最近出たそうです。

第3位★味噌

白味噌にはGABAという栄養成分があり、
リラックス効果や血圧を下げる効果が期待出来ます。

また赤味噌に含まれるメラノイジンという栄養素は
がんと闘う細胞を活性化する働きがあります。

味噌は一度に大量に食べるよりも、朝昼晩とこまめに食べるとより効果的なんだそうです。

第4位★漬物

特におすすめなのがぬか漬け。
ビタミンB1とB6が豊富で、老化予防に役立つと言われています。

またぬか漬けに含まれる酪酸菌は腸の傷を修復すると言われており、
腸を元気にしてくれます。
大腸炎などを患った人にはぜひ食べてもらいたい栄養素とのこと。

目次にもどる

■肉料理

肉料理の記事はこちら

目次にもどる

スポンサーリンク


■入浴法

入浴法の記事はこちら

目次にもどる

■睡眠

睡眠の記事はこちら

目次にもどる

スポンサーリンク