【その原因Xにあり】芸能人の健康法チェック!冷え性・夏バテ・疲労回復・若返りなど

8月25日放送のフジテレビ系『その原因、Xにあり!』では、
芸能人がやっている健康法は正しいのか?名医が判定するという企画を行っていました。

冷え性や夏バテ対策など、役立つ知識満載!

番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


■堀ちえみの冷え性対策

◎家事をしながらふくらはぎのストレッチ
堀さんは物干し竿をあえて高めに設置し、
洗濯物を干しながらつま先立ちするようにしていました。

また、シンクの下に斜めの台を置くことで、
洗い物をしながらつま先を自然に上に向けるストレッチに。

◎寝る時に靴下
足が冷えると何度も起きてしまうとのことで、
夏場でも靴下を履いて寝ているそうです。

<名医の判定>
NG!
寝ている間に足の裏から大量の汗が出て体温調節を行っています。
靴下を履くことで体温調節に支障が出てしまい、逆に冷え性が悪化することも。
履くなら、締め付けの少ないレッグウォーマーがオススメ!とのことでした。

目次にもどる

■的場浩二の夏バテ解消法

◎スズメバチ入りハチミツのトースト

疲れた体には”糖分”!
毎朝、ハチミツをかけたトーストを食べているそうです。
こだわりはスズメバチ入りの1万円以上もする高級ハチミツを使っているところ。

<名医の判定>
正解!
海外の研究では、医者が出す咳止め薬よりも
ハチミツの方が効果があると言われるほど、
はちみつには栄養効果が期待できます。
またスズメバチにはアミノ酸が含まれており、体脂肪を燃やして
エネルギーに変えてくれるそうです。

◎マスク着用のジョギング&日光浴
夏場でも運動を欠かさないという的場さん。
マスクをして30秒ほどジョギングしているそうです。
マスクをしたまま運動をすると酸素が薄くなり、通常よりも体力を使います。
また、ジョギング後は10分ほど日光浴をすることで光合成をしているとのこと。

<名医の判定>
残念!
一般的なマスクはすき間が多いので、あまり意味はないそうです。
マスクを外して10分長く走った方が効果的とのこと。
ただし、高性能マスクなら分厚くすき間が少ないため、トレーニング効果あり!
日光浴をすることで風邪をひかないというのはただの都市伝説だそうです。

むしろ、紫外線を沢山浴びることで光老化をしてしまうリスクがあります。
↓光老化についてはこちら
光老化って何!?【ビビット】目が日焼けするとシミ・シワの原因に!?おすすめの紫外線対策

目次にもどる

スポンサーリンク


■ホラン千秋の疲労回復対策

◎お酢と夏野菜たっぷりの食事
ササミを使った南蛮漬け、トマトやナスを使った夏野菜のラタトゥユ、
もずく酢に新生姜の甘酢漬けを乗せたもの…と、お酢や夏野菜を
たっぷり使った料理を作って食べているというホランさん。
お弁当にも持って行っているそうです。

<名医の判定>
正解!
お酢に含まれるクエン酸は体のエネルギーになります。
ただし、まとめて食べるのではなく、こまめに食べるのがオススメ!
疲労回復には1日大さじ1杯程度摂ると効果的とのこと。

目次にもどる

■里見浩太郎の朝活若返り法

◎起きたらベッドで運動
里見さんは目が覚めたら、起き上がらずにそのまま
足や手を動かして軽い運動を行っていました。

<名医の判定>
正解!
ベッドの上で行うことで体重をかけていないのが◎。
65歳以上の人が関節に負担をかけるとケガやトラブルの元になりやすいそうです。

◎毎朝の入浴&冷水シャワー
朝から入浴をするのが日課という里見さん。
温度はぬるめの37℃で15分~20分ほど浸かっているそうです。
また、最後は冷たいシャワーを頭から浴びていました。

<名医の判定>
残念!
冷水のシャワーを浴びると血圧が上がりやすく大変危険です。
お風呂だけにするのがオススメとのこと。
水を浴びたい時は手足にかける程度にしましょう。

◎目覚めの手作りジュース
15年間毎日飲み続けているという手作りジュース。
毎日の入浴後に、1日の最初の水分補給として飲んでいました。
採れたての新鮮な野菜や果物を使っているそうです。
材料はニンジン、リンゴ、シークワーサー、生姜。

<名医の判定>
残念!
ジュース自体は美容と老化予防の観点からならパーフェクトです。
問題なのは飲むタイミングで、
起きて入浴してからというのでは遅すぎるとのこと。

寝ている間と入浴中に水分がかなり出てしまい、血液はドロドロに。
起きたらまず水分を摂るようにするのが正解!

目次にもどる

■羽田美智子の代謝アップ法

◎ぽかぽか体操
羽田さんの日課はぽかぽか体操。週に5日、15分間行ってるとのこと。
腰をこまかく振ったり、腕を左右交互に伸ばしたりと
ゆっくり体を動かしていました。
さらには中国の八段錦という体操で、インナーマッスルを鍛えているそうです。

◎暑くても温かい飲み物
南部鉄瓶で沸かした白湯を持ち歩き、
暑い時でも温かい飲み物を飲むようにしているそうです。

<名医の判定>
残念!
呼吸筋やインナーマッスルを鍛える方法としては良いのですが、
体を暖め過ぎているのが問題。

エアコンを付けずにぽかぽか体操、さらに温かい飲み物では
この時期熱中症が心配です。
また、冷たい飲み物は体に吸収されやすいという研究結果もあるので
推奨は5~15度程度のものが良いそうです。

目次にもどる

■野々村真のスタミナアップ健康法

◎週に1回焼肉を食べる
週に1回は必ず焼肉を食べに行き、中でもハラミは欠かさないそうです。
また、ニンニクも沢山食べていました。

<名医の判定>
残念!
肉がスタミナ源になるというのは食糧難の時代の話。
脂分が消化を遅れさせてしまうので、夏で弱った胃腸にはNG。

夏バテに一番のおすすめ食材は「鶏の胸肉」!
鶏むね肉に含まれるイミダペプチドという成分は
自律神経中枢の細胞をさびにくくする効果が期待できるそうです。

目次にもどる

スポンサーリンク