【主治医が見つかる診療所】医学の力でスッキリSP②ぽっこりお腹を3分でスッキリ!

7月3日放送のテレビ東京『主治医が見つかる診療所』より、医学の力で見た目スッキリプロジェクト!厳しい食事制限や激しい運動をしなくて、医療の力で楽に見た目をスッキリさせるという方法を教えてくれました。

続いては、たった3分でポッコリお腹をスッキリさせるやり方です。教えてくれたのは、理学療法士柔道整復師の花岡正敬さん。番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

リンパマッサージで顔をスッキリ!はこちら
二の腕のたるみや足のむくみをスッキリ!はこちら
チーズを食べて内臓脂肪スッキリ!簡単レシピはこちら

スポンサーリンク


■ポッコリお腹の原因

ぽっこりお腹の原因は猫背タイプと反り腰タイプのふたつがあるそうです。

■猫背が原因のぽっこりお腹
背中が前に丸まっているため、肋骨と骨盤に圧迫された内臓が前に押し出されてお腹が出ているのだそうです。原因は椅子に浅く座ってスマートフォンなどを長時間操作する事などが挙げられていました。

■反り腰が原因のぽっこりお腹
背中が後ろに沿っている状態で、背骨や腰骨などに押された内臓が前に押し出されてお腹が出てしまうのだそうです。原因は様々ですが、運動不足やうつぶせでスマホを操作することが挙げられていました。ハイヒールを長時間履き続けることも原因となることがあるそうです。

ですが、どちらのタイプも内臓をを正しい位置に戻せばぽっこりお腹をスッキリさせることができるとのこと。

■どちらのタイプ?チェック法
①壁から1歩程度離れて立ちます

②体が壁に触れるまでゆっくりと後ろに下がります

壁にお尻が最初に触れる場合→猫背タイプの可能性大

最初に肩が触れる場合→反り腰タイプの可能性大

肩とお尻が同時につく場合→正しい姿勢のケースが多い

とのことでした。

目次にもどる

■お腹スッキリ準備運動

バスタオルとイスを使って準備運動から行います。イスはタイヤなどがなく、床の上で動かないタイプのものを用意してください。

①右ひざをイスの上にのせて左足をやや前に出し、大きく息を吸います。

②息をゆっくり吐きながらお腹を引っ込め、左ひざをゆっくり曲げ、右の股関節から太ももにかけて伸ばします。
お腹に力を入れたまま約30秒キープ!

③足を変えて同様に左右行います。

右と左で伸ばしやすさに違いが出るようです。右利きの人は右がかたい人が多いようで、伸びにくいと感じた方を1回多く行うとよりスッキリとするとのこと。

目次にもどる

スポンサーリンク


■ぽっこりお腹スッキリ運動

■基礎編
①イスに座り、丸めたタオルを太ももの間に挟みます

②大きく息を吸い、ゆっくり息を吐きながらお腹を引っ込めていきます

③引っ込めたところでお尻の穴を締めるように力を入れます

④さらに太もものタオルをきつく挟み込むように力を入れ、5秒間キープします

これを1日3セット行います。

■応用編
①バスタオルを丸めて太ももの間に挟みイスの後ろに手をつきます

②大きく息を吸い、ゆっくり吐きながらお腹を引っ込めていきます

③お腹に力を入れて背筋を伸ばします

④お尻を出来る範囲で浮かせて5秒キープします

これを3セット行います。

お尻が上がらない時は胸だけ開き、お尻と太ももに力を入れて背筋を伸ばすだけでもOKです。

目次にもどる

■1分でぽっこりお腹をスッキリさせる方法

わずか1分でぽっこりお腹をスッキリさせるエクササイズです。

①イスに座り、両手をイスの後ろにつき、胸を開きます

②鼻から息を吸ってお腹を膨らませてから、口から息を吐いてお腹をへこませます

③息を吐き切ったときにお尻の穴を締めたままお尻を持ち上げ、10秒間キープします
→浮かせるのが難しければ、お尻に力を入れるだけでもOK

④次にお腹は引っ込めたままの状態で、お尻の穴を締めたま右足を上げ5秒間キープします

⑤左足も同様に上げて5秒キープします

リンパマッサージで顔をスッキリ!はこちら
二の腕のたるみや足のむくみをスッキリ!はこちら
チーズを食べて内臓脂肪スッキリ!簡単レシピはこちら

目次にもどる

関連記事★
リンパを流して10歳若返る!【主治医が見つかる診療所】アンチエイジング&免疫力アップ

スポンサーリンク