【グッドモーニング】部屋干しのにおい解決法!正しい干し方&洗い方・おすすめ洗剤

8月18日放送のテレビ朝日系『グッドーモーニング』では、
部屋干しで悩む”生乾きのにおい解決法”を特集していました。

洗濯時のひと工夫でニオイ撃退!あのにおいの正体は…!?

番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク



 
 

■あのニオイの原因は何?

洗濯物の生乾きで感じるにおいの原因は「モラクセラ菌」と呼ばれるもの。

人の皮膚に存在する菌で、汗や皮脂から衣類に移ります。
高温多湿を好み、30~40℃で活発化するため、
夏場の湿気がある室内で増殖してしまうのです。

天日干しすれば減るモラクセラ菌ですが、部屋干しすることで
洗濯する前よりも増えてしまうということが分かったそうです。

また、ニオイだけでなく、免疫力が低下している人は
肺炎を引き起こしてしまう危険性すらあるとのこと。

目次にもどる
 
 

■洗剤&使う水の選び方

◎液体洗剤より粉末洗剤

粉末洗剤の方が抗菌効果を発揮できるのだそうです。
 
 
◎40℃以上のお湯を使う
冷たい水よりも、お湯を使う方が洗剤も溶けやすくなります。
また菌の増殖を抑制することも出来るので一石二鳥!

目次にもどる
 
 
スポンサーリンク



 
 

■洗濯するときのコツ

◎衣類の量は8割程度で
衣類は詰め込みすぎないのがポイント!
対流が良くなり、菌を洗い流す力が強くなります。

◎脱水は2回行う
脱水まで完了したら、一度取り出して広げてから
再び脱水するのがおすすめ。
水分がより抜けて、早く乾きやすくなります。

目次にもどる
 
 
関連記事★
洗濯の裏ワザ!【ヒルナンデス】臭くならない部屋干し・洗濯ネット活用術&アイデアグッズ

■におわない干し方は?

◎洗濯機に衣類を放置しない
洗濯が完了したらすぐに干しましょう。
濡れたまま放置すると、湿気により菌が増殖してしまいます。
 
 
◎カーテンレールはNG
カーテンに菌が移ってしまうので、カーテンレールに干すのは良くないそうです。
また、窓が閉まっていることにより、湿気がたまりやすくなってしまいます。
 
 
◎部屋の中央に干す
洗濯物は部屋の中央で、なおかつエアコンの除湿機能や扇風機を使うなど
風通しの良い環境で行うのがベスト!

目次にもどる

■嫌なにおいを抑える裏ワザ

◎バスタオルの干し方

半分に折って干すのではなく、長さをずらして
空気の当たる表面積を増やします。
これにより乾きやすくなり、菌の増殖が抑えられます。
 
 
◎アーチ干し

外側に長いもの、内側には丈の短いものを干すアーチ干しが◎。
さらにひとつひとつの洗濯物の間は5センチずつあけると、
より空気が入りやすくなります。
 
 
◎干す前にアイロンをかける
菌は60℃で死滅します。
全てをかけるのは大変ですが、どうしても臭いがつきそうなものだけ
干す前にアイロンをかけると効果が期待できるそうです。

目次にもどる

 
関連記事★
 【ゲンキの時間】超簡単!むくみ解消法★ウンパニ体操、ふくらはぎパンパン法、他
【グッドモーニング】夏の夜の快適睡眠術!エアコンの使い方・おすすめ入浴法
 
 
スポンサーリンク