【モーニングショー】常温保存の恐怖!間違った保存法・達人の一工夫・お弁当に潜む危険

8月17日放送のテレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』では、この時期危険な”常温保存の落とし穴”を特集していました。

教えてくれたのは東京農業大学元教授の徳江千代子さんです。

番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

関連記事★
【モーニングショー】食品保存の落とし穴!野菜を美味しく長持ちさせる保存法

スポンサーリンク


■冷蔵?常温?いまさら聞けない食品保存

冷蔵庫に入れた方が良いのか、そのまま常温で良いものか…
意外と知らない食品の保存法について、教えてくれました。

◎常温で可

砂糖
ごま
はちみつ
日本酒(開封したら冷蔵)
料理酒
ワイン
 
 
◎冷蔵
しょうゆ
七味(一味は常温でOK)

 
 
◎冷凍
パン(ラップやアルミに包むとより長持ち)

多くは味の劣化を防ぐ観点から分けていましたが、
味が劣化する=酸化が始まり傷み始めるということであり、
また美味しくなくなってしまったら意味がないとのこと。

上手に分けて保存したいですね。

目次にもどる

■街の疑問に徹底回答!

街の人たちが疑問に感じる食品の保存法について、回答してくれました。

Q:ジャガイモやタマネギは冷蔵庫?
A:常温で大丈夫。新聞でくるむとより長持ちします。
ただしカットしたものはラップして冷蔵庫へ

Q:手作りの梅干しは?
A:塩分濃度によって異なります。15%以上なら常温可

Q:バナナの夏場の保存法は?
A:買ってすぐ皮をむいてラップにくるんで
冷蔵庫へ入れると長持ちします

Q:納豆はもともと発酵してるから賞味期限は気にしなくて良い?
A:ダメです。発酵と腐っているのは別。
冷蔵庫で1~2週間が目安。冷凍すればさらに長持ちします。

Q:インスタントコーヒーは冷蔵庫?
A:インスタントは水分がほとんどないので常温でも大丈夫です。
豆は冷凍した方が風味が落ちません。

Q:子供の食べかけのアイスはいつまで大丈夫?
A:アイスに賞味期限はないので、開封していなければ大丈夫ですが
食べかけのものは2~3日が限度。濃厚なバニラアイスなども開封すると酸化が始まります。

目次にもどる

スポンサーリンク


■保存に一工夫で大違い!

◎ブロッコリー
ブロッコリーは野菜室の爆弾と言われ、
他の野菜などを老化させるエチレンガスを大量に噴出します。

頭の部分を乾いたペーパータオルで包み、ポリ袋に入れて隔離するのが◎!

 
 
◎煮だし麦茶
煮だして作った麦茶は冷まし方が大事!
ゆっくり温度を下げている間に細菌が増殖します。

周りを氷水などで急速に冷やし、粗熱が取れたら
冷蔵庫へ入れるようにしましょう。
 
 
◎カレー
一晩寝かせたカレーは美味しいと言われていますが、
常温保存するとウェルシュ菌が繁殖してしまい大変危険!
このウェルシュ菌は100℃で6時間加熱しても、冷凍しても死滅しません。

ウェルシュ菌は空気が嫌いなので、よくかき混ぜて空気を送り込み、
冷凍保存するのがオススメです。

目次にもどる

関連記事★
知らないと怖い!食中毒【林修の今でしょ!講座】一晩寝かせたカレー・お弁当の盛り付け、他

■お弁当に潜む危険

お弁当の大敵はズバリ水分
手作り弁当を美味しく安全に食べるためのポイントをまとめました。

◎レタス
生のレタスは他の食べ物に触れて水分が放出されます。
安易に食材の仕切りに使うのは危ないとのこと。
 
 
◎ご飯の上に海苔
ご飯と海苔のすき間で蒸れて、細菌が増殖してしまいます。
ラップに包んで別に持っていき、食べる時に乗せるのが◎!
 
 
◎プチトマトにピック(ようじ)
プチトマトにピックを刺すことで中の水分が出てしまいます。
ヘタの部分も細菌がいっぱいいるので、取ってよく洗ってから入れましょう。
 
 
◎出汁巻き卵
出汁巻き卵は水分が多い上に、卵の栄養成分がリッチなため、
微生物が繁殖しやすいとのこと。

◎プロが教えるちょい足しテクニック
ワサビや大根おろしを隅に入れると殺菌効果があります。
↓このような衛星シートを使うのもオススメ!

また、お弁当はしっかり冷ましてから盛り付けるのが大事とのこと。
温かいままでは水蒸気がこもってしまいますので、気を付けましょう。

目次にもどる

スポンサーリンク