【ソレダメ!】すぐに試したくなる新常識★栓抜きがない時・遠くから車のカギをかける・缶詰を美味しく食べる

8月16日放送のテレビ東京『ソレダメ!』では、今すぐに試したくなる新常識として色々な知識を教えてくれました。

番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


■栓抜きがない時に瓶を開ける方法

栓抜きがないけど、瓶の蓋を開けたい…そんな時には、
紙を折り曲げて、即席の栓抜きを作ることができます。

①紙を4回、半分に折り曲げる

②さらに半分に二回折り込む

③ビンをしっかりと握り、紙の先端部分を
 ビンの栓に引っかける

④親指を紙栓抜きの下に置いてしっかり固定し、
 テコの原理で一気に引き抜けばOK!

ゆっくり開けるのではなく、瞬発力を利用して一気に開けるのがポイントです。

目次にもどる

■離れたところから車にカギをかける方法

車のカギをかけ忘れ、センサーが届かないところまで離れてしまってから
かけたい時には、車に向かってリモコンキーを押すのではなく、
上に向けて押すと反応するそうです。

これは腕を中心にして同心円状に電波が出るためで、腕を上げることによって
その電波が前後左右に出るので車にも効率的に電波が届くのだそうです。

通常、カギを前にむけた場合は30~50メートルの距離まで反応しますが、
番組の実験では、上に向けた場合は70メートルまで届いていました。

さらに両手を上げてリモコンキーを持つことにより、
その両腕がアンテナの役割をしてくれるので、
より強い電波を飛ばすことができるとのこと。

目次にもどる

スポンサーリンク


■湿気で固まった砂糖を復活する方法

砂糖が湿気で固まってしまったら…

レンジで30秒チンすれば、見事にサラサラに復活します!

料理研究家の田内さんいわく、
湿気を含んでかたくなってしまった砂糖は
電子レンジで温めることにより水分を蒸発させて
元に戻すことができるのだそうです。

また固くなったら、何度でもレンジで復活させられます。

同様にかたまった塩にも使えるとのこと!

目次にもどる

■缶詰を美味しく食べるベストなタイミング

缶詰の賞味期限は多くのものが3年です。

実は作りたてよりも、時間が経って味が馴染んでからの方が美味しく食べられるとのこと。

コンビーフは6か月後、モモの缶詰は1年後、
鯖の缶詰も1年後がより美味しく食べられるそうです。

目次にもどる
 
 
スポンサーリンク