【グッドモーニング】万能ホルモン「マイオカイン」!効果的な摂取&簡単エクササイズ

7月3日放送のテレビ朝日系『グッドモーニング』明快まとめるパネルのコーナーより、話題の万能ホルモン「マイオカイン」を大特集!

番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


■マイオカインて何?

コペンハーゲン大学(デンマーク)のペデルセン教授が2005年、筋肉からホルモンが分泌されていることを発見し、それを「マイオカイン」と名づけました。

マイオカインは力こぶ、腹筋、太ももなど全身の「骨格筋」から分泌されており、大腸がんや糖尿病、動脈硬化、認知症など様々な病気予防に期待されると大注目されているのです。

マイオカインは30種類以上確認されているホルモンの総称で、それぞれで体に働きかける作用が異なると言います。完全に解明されれば健康寿命が延び、医療費の大幅削減につながる可能性もあるとのことです。

目次にもどる

■どんな病気の予防になるの?

それではマイオカインはどんな病気にどんな仕組みで効果があるのか、主なものをまとめました。

■大腸がん
がんに対して、自ら消滅するよう働きかけるマイオカインがあるとマウスの実験結果から判明したそうです。

■糖尿病
肝臓の中の血液中にある糖や脂肪を分解するマイオカインがあるそうです。

■動脈硬化
血管を若く保つ効果のあるマイオカインが見つかっているそうです。

■認知症
認知機能を改善する物質がマイオカインによって増加することが分かってきたとのことです。

目次にもどる

スポンサーリンク


■若い人も要注意!筋肉は年々減少

筋肉は20代から加齢とともに減少していってしまいます。男性では20代で平均33.7%あったものが、70代では27.5%に、女性では20代で平均27.6%が70代で22.1%にまで減少してしまうとのこと。

30歳を過ぎて何もしないと、毎年筋肉量は1%ずつ減少してしまうもの。また女子大生の約3割は過度なダイエットが原因で「筋肉不足」が起きているという調査結果もあるそうです。

目次にもどる

こちらもオススメ★
【あさチャン】栄養満点!ファイトケミカル★野菜スープ&シンガポールチキンライスのレシピ

■筋肉増加フード&食べる時間

■筋肉増加をサポートする食品
筋肉を増加させるためには、タンパク質が多くふくまれる食品がおすすめです。特に牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品(乳たんぱく質)が効果的。

そしてそれらと一緒に摂るとさらに効果が期待できるのが”糖”。糖と乳タンパクを同時に摂ると、たんぱく質が筋肉に変わるのをサポートしてくれます。

ヨーグルトにはちみつや砂糖を加えたり、牛乳にチョコレートを溶かして飲むなどすると良いですね。



■効果的な摂取時間
筋肉増加に効果的な食べ物は、運動後1時間以内に食べるのが良いそうです。筋肉が壊れたり披露したところに摂取することで、筋肉回復が早くなるとのこと。

目次にもどる

■簡単エクササイズ

筋肉を増やすには下半身の筋肉を鍛えるのが最も効果的!下半身の筋肉は全身で一番大きいので、手っ取り早く鍛えられるのだそうです。

■インターバル速歩
約3分の間隔で、早歩きと通常の歩きを繰り返します。1日に30分くらいやるのが効果的ですが、最初からフルで行うのは大変なので、最初は少しずつ、慣れてきたら増やしていくようにするのが良いそうです。

■つかまりスクワット
家の中で手軽に出来るエクササイズです。テーブルなどにつかまり、椅子に座るようにスクワットを10回ほど行います。時間を置いて、1日に3セットほどやるのが理想です。

目次にもどる

関連記事★
ナッツが”がん”に効く!?【グッドモーニング】ナッツの効能&選び方・ヘルシースナッキング

スポンサーリンク