【世界一受けたい授業】私たちに迫る15の危険SP!11位~15位★冷蔵庫・睡眠不足・脱水症など

8月5日放送の日本テレビ系『世界一受けたい授業』では、「私たちに迫る15の危険」スペシャルを特集していました。

番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


■第11位★冷蔵庫


フランスの名門「ル・コルドン・ブルー」を卒業したキャスリーン・フリン先生がフランス式冷蔵庫収納法!

◎玉子はドアポケットに入れない
卵の殻は非常に割れやすいため、ドアの開閉の衝撃や振動で
卵にひびが入り、雑菌が繁殖してしまうことがあります。
パックのまま奥に保存するのが◎!
 
 
◎冷蔵庫に詰め込み過ぎない方法
冷蔵庫の奥にお気に入りの写真を貼ると、
詰め過ぎの防止に!
 
 
◎冷蔵庫すっきり収納法
食品の入れ替わりが激しい冷蔵室は賞味期限別に3つに分けるのが◎。
下段は2日、中段は1週間、一番上は一週間以上食べられるものと
決めておきます。
こうすると早く食べなくてはいけないものが分かりやすく、
賞味期限を切らしてしまうことがなくなりますね。
 
 
◎ドレッシングは手作りがおすすめ!
①基本のフレンチドレッシング
酢1:油3の割合で作ります。
これらをドレッシング用の容器に入れ、塩コショウ適量を
加えて30秒ほどシェイクすればOK。

油はサラダ油の他、オリーブオイルやごま油でも◎
また、酢は柑橘系の果汁に変えても良いそうです。

また、先生は少しだけ残った調味料を瓶ごと
ドレッシングにしてしまうそうです。

残ったマスタードには、
オリーブオイル、レモン汁、塩、こしょうを混ぜて
マスタードドレッシングに。

残ったいちごジャムには
バルサミコ酢、オリーブオイル、にんにく、バジルを
加えてよくふって混ぜるとイタリア風のドレッシングに。

特にオススメなのはピーナッツバター。
しょうゆ、酢、サラダ油、しょうがを加え、よくふって
混ぜるとお肉にも合うタイ風ドレッシングに!

目次にもどる 
 

■第12位★睡眠不足

睡眠時間が6時間以下の人はかぜ・脳卒中のリスクが約4倍にもなるといった研究結果が出ているそうです。

さらにがんを抑制するホルモンが分泌されにくくなり、がんになるリスクも6倍にもなるとのこと。

◎快眠を得るための効果的な方法①寝間着
暑くて寝苦しいからと言って薄着で寝てしまうと、
体温を調節しようと体が覚醒してしまい逆効果になります。

オススメのねまきは綿などの素材を使った薄手の長袖のもの。
全身の汗を吸収してくれるので、冷え対策になります。
 
 
◎快眠を得るための効果的な方法②トマト
夕食で冷やしたトマトを摂ることがオススメです。
トマトは利尿作用があり、尿が出る時に余分な熱を
奪ってくれるので身体が冷えて寝やすくなります。
 
 
◎今すぐできる睡眠不足チェック
目を閉じて片足立ちをします。30秒できればOK!
睡眠不足になると体のバランスを保ちつ筋肉の働きが低下するので、片足立ちが難しくなります。

目次にもどる

スポンサーリンク


■第13位★空き家

現在、7戸に1戸が空き家という状況で、その数は東京都がダントツです。

さらに、このまま進めば空き家は15年後に約3戸に1戸になると予想されています。

空き家が増え続ける一番の理由は相続です。
核家族が亡くなった親の家を相続しても、既に家を持っているため、
引き継いで住むケースが少ないのだそう。
実家の思い出を壊したくない、また更地にすると固定資産税が
最大4.2倍になるなどといった理由から、壊さずにそのまま放置されるとのこと。

この空き家が様々な犯罪に利用されることもあり、深刻な社会問題となっているのです。

そんな中、広島県・尾道市では空き家を減らす独自プロジェクトを開始!

移住希望者に空き家を安く貸したり、タダで譲ったりと活用され、
現在では空き家が足りなくなるほどなんだそうです。

目次にもどる
 
 

■第14位★脱水症

夏のこの時期、脱水症を起こすリスクは高くなります。中でも子供は大人と比べて水分量の調節機能が未発達なため、脱水症になりやすいので危険です。

特に注意が必要なのがプールの中。水の中でも汗はかくのですが、体が濡れているため水分を失っていることに気づきにくいのです。

脱水症を防ぐ手段としては、こまな水分補給が大切!

<かくれ脱水のチェック法>
爪を5秒ほど強く押します。
指を離してから元の爪の色に戻るまで2秒以上かかる場合は、脱水状態の可能性があります。

目次にもどる
 
 

■第15位★落雷

8月は1年のうちで落雷が最も多い危険な月なんです。

落雷の危険を回避するには、意外にも金属を身に着けていること。実は金属を身に着けていると雷が落ちる確率が上がるように思われますが、その確率は変わらない上に、金属を身に着けた表面だけを電気が通るので、致命傷になる確率を減らしてくれるのだそうです。

目次にもどる

スポンサーリンク