【ヒルナンデス】靴の正しいお手入れ★革靴やスニーカーの汚れ落とし

7月31日放送の日本テレビ系『ヒルナンデス』より、新企画の「ヒル活プロジェクト」!主婦が学びたい10のコト!

本日は主婦が学びたい靴の知識を、靴専門店の「The Shoe Work Shop」の職人・末光宏さんに教えていただきました。

番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


■皮靴の色が変色してしまったら

一般的に靴屋さんにはお手入れの際にツヤを出すクリームとは別に、
補修用のクリームもあるそうです。

この補修用の靴クリームを傷ついて変色してしまった革靴に塗ることで、
革靴を蘇らせることが出来るのだそうです。

塗り方は、歯ブラシに補修用クリームを適量つけ、
変色した箇所だけでなく周り全体に塗っていきます。

仕上げに着古したワイシャツなどを使い、全体に磨けばできあがり!


完全に元通りというわけにはいきませんが、パッと見て目立たなくするには十分の効果があります。
特に小さなかすり傷には効果てきめんです。

また、雨に濡れてできてしまった雨ジミは、さらに靴全体を布で濡らして雨ジミと同じ色にしてしまいます。

↓その後乾かすと雨ジミはキレイに消えてしまいました!

目次にもどる
 
 
スポンサーリンク



 
 

■スニーカーの頑固な汚れの落とし方

スニーカーなど布製の頑固な汚れを落とすには、「セスキ炭酸ソーダ」を使います。

【スニーカーの洗い方】
①スプレーボトルに水500mlを入れ、セスキ炭酸ソーダを小さじ2杯ほど入れて溶かします。

②靴の汚れた部分にまんべんなく、10回ほどスプレーを吹きかけます。

③汚れた部分をブラシでこすります

④汚れが浮いてきたらボウルに水を入れ、
水につけながらさらに汚れをこすればOK!

セスキ炭酸ソーダは脂汚れや汗じみなどをまとめて落とし、さらに消臭効果もあるそうです。

ぜひお試しあれ!

目次にもどる

スポンサーリンク