【林修の今でしょ!講座】病気になりにくい都道府県ランキング!肩こり・もの忘れ

6月27日放送のテレビ朝日系『林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル』より、病気になりにくい都道府県別ランキング!健康寿命・肥満・肩こり・糖尿病・貧血・脳梗塞・もの忘れの7つにおいて、かかりにくい都道府県をランキング形式で紹介してました。

番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

■肩こりが一番少ない県は新潟県

肩こりが少ない都道府県1位は新潟県でした。

専門家が推理する新潟県民の肩こりが少ない理由は2つあると言います。

①温泉地の数が全国3位
意外と知られていませんが、新潟県は宿泊施設のある温泉地として全国第三位なんだそうです。そんな新潟県民は温泉好きが多く、温泉の温熱効果で血管が拡張し血行が良くなり、筋肉の緊張が緩和することで肩こり予防に効果的と考えられるそうです。また硫黄などの成分やリラックスすることが肩こりに効いているとも。

なかなか温泉に行けない人は、自宅のお風呂でも大丈夫。40℃程度のお湯に20分ほど浸かると良いそうです。その際は半身浴ではなく、肩までしっかり浸かることが大切です。

スポンサーリンク


②新潟市が挙げての大きなお祭りがある 
もともと新潟は民謡ながし等が活発に行われており、中でも「にいがた総おどり祭り」は1万5千人以上の老若男女が参加するオールジャンルのダンスフェスティバル。こういった踊りが習慣的に行われることが肩こり予防に効果があるのではないかとのこと。

現在では血流向上や足腰強化を目的とした「総おどり体操」も行われており、楽しく踊りながら健康になれると高齢者の方々にも人気なんだそうです。

普段から硬くなりやすい筋肉を柔軟にすることが肩こりには重要です。

肩こりに効果的な「お祭りクネクネ体操」のやり方をご紹介します。

1.体をひねるように腕を前後に振る
2.ひじを曲げて、前の手は外側に、後ろの手は内側にひねる

これをゆっくり20回程度繰り返して行います。顔はまっすぐ、身体だけひねるように心がけましょう。

目次にもどる

■物忘れが一番少ない県は神奈川県

もの忘れが少ない都道府県1位は神奈川県でした。

専門家が推理する神奈川県民のもの忘れが少ない理由は3つあると言います。

①ワインをよく飲む
日本のワインの総生産量の3分の1は実は神奈川県!

赤ワインにはポリフェノールが多く含まれます。ポリフェノールの抗酸化作用は脳の酸化を防ぎ、認知症予防が期待できるとのこと。ポリフェノールは熱に強いので、お酒として飲むのが苦手な人は料理のソースとして利用しても良いそうです。

スポンサーリンク


②トマトをよく食べる
トマトの購入金額一位は横浜市。また購入量の一位は相模原市なんだそうです。トマトのリコピンは抗酸化力が強く、グルタミン酸は神経細胞を保護したり、神経伝達を良くします。

③チーズをよく食べる
チーズの購入量・購入額ともに横浜市が第一位!国立長寿医療研究センターの報告では、乳製品をたくさんとると認知症の発症率は下がるとのことです。

またチーズのチロシン(必須アミノ酸)は脳の神経や働きをサポートし、うつ病の改善や認知症予防になると注目が集まっているそうです。

目次にもどる

■健康寿命・脳梗塞・貧血

【林修の今でしょ!講座】病気になりにくい都道府県ランキング!健康寿命・脳梗塞・貧血
6月27日放送のテレビ朝日系『林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル』より、病気になりにくい都道府県別ランキング!健康寿命・肥満・肩こり・糖...

目次にもどる

■肥満・糖尿病

【林修の今でしょ!講座】病気になりにくい都道府県ランキング!肥満・糖尿病
6月27日放送のテレビ朝日系『林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル』より、病気になりにくい都道府県別ランキング!健康寿命・肥満・肩こり・糖...

目次にもどる

スポンサーリンク