【たけしの家庭の医学】夏バテ対策!改善ツボ押しと作り置き薬膳レシピ「セロリと玉ねぎの鶏肉炒め」

2017年7月25日放送のテレビ朝日系「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では、夏バテを起こしやすい体質を徹底解明し、酷暑の夏に体調を崩さない方法を教えてくれました。

番組で紹介された情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


■夏バテを起こしやすい人

夏バテを起こしやすい人は、「下半身型冷え性」の人なんだそうです。
以下の項目をチェックしてみてください。

①湯船に長く浸かれない

②眠りが浅い

③よく手に汗をかいている

④冷房をつけると手足が冷える

⑤あせりやすい

⑥ちょっとしたことでカッとなる

3つ以上当てはまれば、夏バテ体質の可能性があるそうです。いかがでしたか?

目次にもどる
 
 

■作り置き薬膳レシピ「セロリと玉ねぎの鶏肉炒め」

【材料】
鶏むね挽肉 150g
アスパラ(茹でたもの5㎜輪切り) 1本
玉ねぎ(1.5cm角切り) 2/3個
セロリ(1.5cm角切り)1 /2本
パプリカ(1.5cm角切り) 1/3個
松の実 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1.5
シナモン 小さじ1/2

<A>
オイスターソース大さじ1.5
ナンプラー 大さじ2.5
レモン汁 大さじ1
塩 小さじ2/3
こしょう 少々
カイエンペッパー 小さじ1/2
 
 
スポンサーリンク



 
 
【作り方】
①オリーブオイルで鶏むね挽肉をパラパラになるまで強火で炒める

②玉ねぎ、セロリ、パプリカ、アスパラ、松の実を加えて炒める

③Aを加えて味を調える

④シナモンを加えれば完成!

<アレンジレシピ>
ご飯に乗せて丼、パスタ、ぶっかけそうめん、トルティーヤ、オムレツの具材としてなど、様々なアレンジ可能です。

目次にもどる
 
 

■冷え性体質改善&夏バテ予防に効くツボ

番組では冷え性体質を改善し、夏バテ予防に効果があるツボ3つを紹介してくれました。

①血海(けっかい)

膝のお皿から内側に指3本分上にあるツボです。

気持ち良い所や軟らかい所は優しく、ちょっと痛い所は痛気持ちいいと感じるくらい強く押すと良いそうです。

ツボは1回10秒くらい、気付いた時などに押すのが良いとのこと。1日に何度押してもOKです。
 
 
②太渓(たいけい)

内くるぶしとアキレス腱の間の窪んだ部分にあるツボです。

下半身や腹部の血流を良くし、腎の機能を高め体質改善を促してくれます。
 
 
③八風(はっぷう)

両足指の間の付け根に左右でそれぞれ4つずつあるツボです。足先の冷えに即効性があります。

これらのツボ押しは体質改善を目指すもののため、即効性を感じられてもすぐにやめず、1か月は続ける必要があるとのことです。

目次にもどる
 
 
こちらもオススメ★
 【ゲンキの時間】超簡単!むくみ解消法★ウンパニ体操、ふくらはぎパンパン法、他
【グッドモーニング】夏の夜の快適睡眠術!エアコンの使い方・おすすめ入浴法
【ビビット】大ブーム”美尻”!プロが教える簡単エクササイズのやり方
【あさイチ】夏こそビネガー!干しブドウ酢の作り方&ヤミーさんのお酢レシピ
【あさイチ】夏こそビネガー!お酢の健康効果&美味しく飲むコツ
 
 
スポンサーリンク