【サタプラ】栄養を損しない食べ方!正しい野菜の保存法!りんごは皮ごと切るのが正解!?

2017年12月16日放送のTBS系『サタデープラス』では、
大ヒットしている「その調理、9割の栄養捨ててます!」を監修した
東京慈恵会医科大学の赤石定典さんが登場し、栄養を逃さない調理法や
野菜の正しい保管法について伝授してくれました。

番組で紹介された情報をまとめたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




■美味しさ&栄養アップの食べ方

◎納豆

納豆に含まれるナットウキナーゼは血液をサラサラにしてくれる成分ですが、
熱に弱く、70℃を超えると死滅してしまいます。

40~48℃程度のご飯で酵素の働きが活性化するので、
茶わんによそってから5分ほど待って、納豆を乗せると良いそうです。
 
 
◎みそ汁
みそに含まれる乳酸菌や酵母は70℃を超えると死滅してしまいます。
みそ汁を作る時は鍋の火を止めて10分以上置き、
温度が約50℃になってから味噌を溶くと栄養を逃さず食べられるとのこと。

ただし、スタジオではこの50℃のみそ汁に不満が続出…。
赤石さんいわく、栄養を取るか美味しさを取るかは
ご自身の判断にまかせますとのことでした。

目次にもどる

■正しい野菜の保存法

◎えのきだけ
エノキは冷凍すると、細胞が壊れて旨味がアップします。
疲労回復に効果的なアスパラギン酸も3倍に!
 
 
◎トマト

トマトは暖かい場所が原産の食べ物のため、
寒さに弱く、冷蔵庫での保存はNG!
常温で数日”追熟”させることで、リコピンも最大60%アップします。
 
 
◎じゃがいも

常温で保存してしまいがちなじゃがいもですが、
実はチルド室が◎。
じゃがいもは0℃に近づくとでんぷんを分解して糖を作ります。
2週間ほどチルド室で保存しておくと、甘みが約2倍になるそうです。

目次にもどる

■正しいりんごの切り方

りんごは皮ごと食べるとビタミンEが約4倍も摂取できます。

良く洗ったりんごを皮ごと輪切りにするのがオススメです。
そうすることで皮も食べやすく、芯の近くまで無駄なく食べられるとのこと。

※種は毒性があるので、必ず取り除いてください。

目次にもどる

■関連記事

まな板包丁いらず!20分でディナーが完成する大人気のミールキットとは
9月6日放送の日本テレビ系『スッキリ!』では、 忙しい主婦の味方「ミールキット」を特集していました。 手軽に作れてゴミも少な...
8月19日放送のTBS系『サタデープラス』では、 コストコ通のコス子さんが登場し、コストコ人気食材プルコギビーフの アレンジレシピを教え...

目次にもどる

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。